FC2ブログ
04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

水瀬いのり「ココロソマリ」/DIALOGUE+「DREAMY-LOGUE」 

ほんとに最近音楽をまともに聞いてなかったなって。
そのあたりも精神衛生に大きく影響してそうなので、ずっと聞かなきゃな~と思ってたこの2枚を聞きました。
テキトーに何曲か触れます。




1. ココロソマリ
作曲:櫻澤ヒカル 作詞:水瀬いのり 編曲:白戸佑輔









水瀬いのりのバラードはいつの時代も強い(この曲がバラードかと言われるとちょっと違う気もする)。
アニメ「ソマリと森の神様」のエンディングテーマですが、当該アニメは1話だけ見て最後つらくなりそうだったので切ってしまいました。
編曲白戸佑輔でこの感じだと、アイマイモコに近い?アイマイモコよりはバラード寄りってくらいかなあ。

CメロのHiEがライブで出るのか気になって夜も眠れません。ほんと、美味しい音がある曲はいっぱい持ってるのに、その音をハメらないのはライブで聞いててかなり下がるので。まあそのライブも開催されるかどうかすら分からないんですけどね~
作詞水瀬いのりなので詞を真剣に読むべきなんでしょうけど、CD買ってなくて歌詞カード手元にないし、現状そこまでやる余裕もないのでカット。詞を見てアニメを見たらまた見方が変わりそうな曲だ。


2. Well Wishing Word
作詞・作曲・編曲:栁舘周平





界隈では「WWW2」などと呼ばれプチ話題になっていた曲。
いわゆる「WWW」は5thシングルに収録されていた「Winter Wonder Wander」のこと。その曲と同じで栁舘周平さんが全てやっているので明らかに狙ってる。

雑に言えばまた今度会えるよ~って曲ですね。軽快なテンポと曲調でこういうこと歌う曲は若干珍しいような珍しくないような?
Cメロとか"Well"と"Bell"かけてんのかなと思うところがありますね。それ以外に散りばめられた"Word"からも、なんとなく結婚式が暗にイメージされてるような。そもそも恋愛の曲なのか友達の曲なのかもハッキリしませんが。

ほんとに久しぶりに水瀬いのりの声聞いたので、ああ歌い方が水瀬いのりだって感動しました。
やっぱり音楽には常に触れていたいなと再確認した今日この頃。






3. 大冒険をよろしく
作詞・作曲:田淵智也 編曲:堀江晶太








ここからはDIALOGUE+ちゃん。聞かなきゃな~と思ってたミニアルバムをようやく聞きました。
なんかあんまり堀江晶太って感じがしなかった。堀江晶太にブラスのイメージがない?激浅なのでテキトーなこと言ってます。

それでも、この王道を往くアイドルソングって感じはやっぱり好き。これでいい、いや、これがいいんだよって。
サビの「ファーソラシドレミファ↑」とか、最後の方のHiF連発とかめちゃくちゃしんどいと思うんですけど、よくこのキーで行こうってなったな。踊りながら歌えるんか・・・?テンポ早いからいけるやろ!って感じか?
-1するだけでだいぶ違ったと思うんだけど、まあ曲調のイメージ的にはEよりFっぽい気もする(調性にイメージがある人並感)。

サビのマイナーコード挟みつつ展開していく感じハイテンポな曲にはよく合いますよね。
コードなぞりつつ、F-E-Eb-D-Db-Cみたいなリードラインがどことなく浮かんでくる感じ、最the高。

2番以降遊んでいくのとかもいかにもなアイドルソングでいいですよね。
1番は無音だったサビ前が2番ではスラップ入ってたり、裏の音楽でもどんどん遊んでいこうってのが全面的に表れてて、ほんとに制作陣が楽しんで作っているんだろうなあってのが伝わってきます。
落ちサビ、BbmにいくところでDbの音をキーにしてCにつなぐのとかなるほどな~ってなりました。言われてみれば確かにってなりますね。

ってことでよろしく!


4. パジャマdeパーティー
作曲:田淵智也 作詞:三森すずこ 編曲:園田健太郎





なんか、すげえアニソンって感じしません?
いわゆる"アニソン"って曲調とはまたズレるんですけど、ジャズの雰囲気が入った跳ねるアニソンって概してこういう雰囲気があるんですよね。語彙力がなさすぎてわかってくれとしか言えないんだけど。
単純にジャズっぽいってだけじゃなくて、音作りとか曲の雰囲気がこんな感じなんだよな(何も伝わらない)。

サビの4分でキメを作る感じと、3拍子挟んでテンポ感変えてくる感じ。すげえ跳ねるアニソンって感じ。
一応ちゃんと注釈しておくと、跳ねるってシャッフルになってるって意味です。実際に人が飛び跳ねるわけじゃない(そういうリズムだってところから言葉自体は来てるだろうけど)。

ピアノが前面に出てくるこの編曲はやっぱかっこいいっすね。かっこいいピアノ、最高。
リステの伊藤翼から、自分の中のピアノに対する見方がまた一つ変わった気がしています。


5. ぼくらは素敵だ
作詞・作曲:田淵智也 編曲:広川恵一





"アイドルのアルバムの締めっぽい"ほんとにいい曲です。最後に「ララララ~」ってなるのとか、敢えて音程を大きく編集しないソロとか、ああそれだって感じ。ライブの最後に聞くと涙を流さずにはいられなくなるやつ。
聞いたらわかる。聞いてくれ。

ストリングスがかなり特徴的ですね。最初に聞いたときはミラチケっぽいなと思いました。
ストリングスをうまく生かして曲を作るのってやっぱり難しいんだろうなと思います。大きなパワーを持つのは間違いありませんが、こういう曲で感動的な弦をしっかり響かせるのは、簡単なようで難しいです。
間奏の調性どこいってるか一瞬分からなくなる感じのストリングス、確かによく聞くけど改めて「おおっ!」ってなりますね。採譜したらどっかのモードにいってるって分かりそうですけど時間が(ry
でもこれは割と真剣にやってみたい曲です。結局聞いてすぐにモードがわかるの、明らかなミクソリディアンくらいなのでさすがに貧弱すぎる。

Aメロやサビでaug挟むのとか、MONACAって感じだ。いや、広川恵一さんを意識して真剣に曲を聞いたことがなかったので、正直特徴を掴みかねているところではあるのですが。
いずれにせよ、普通っぽい流れの中でも細かな変化をつけていくのは共通する部分なのかなあと思っています。

他にも書ききれないくらいの感動ポイント、「それ!!!!!!!!!!」ポイントがあります。
アルバムを通しで聞いて最後にこれが流れるだけでも結構心に響くものがあります。ぜひアルバムを通して聞いてほしい。






時間が許せばどちらも全曲について書きたいくらいの名盤です。
ぜひ聞いてみてください。






スポンサーサイト



カテゴリ: 聞いてくれ

tb: 0   cm: 0

「CUE!」のリリースされてる曲を聞く 

DIALOGUE+ちゃんはすぐ話題になったんですが、そこから全員が参加する声優育成ソシャゲであるところのCUE!はそこまで話題になってないなあと思ったので。
ぼく自身ゲームをインストールすらしてないんですけど、曲くらい聞くかあということで聞いてみました。





1. Forever Friends





16人でAiRBLUEっていうんすね。DIALOGUE+の8人以外は見たことある名前がチラホラくらい。
MV、16人で窮屈そうだなあ以外の感情がない。全体的に動きも小さめだしあんまりMVって感じしない。どっちかっていうとメイキングみたい。メイキングではないんですけど。1stシングルだしある程度は仕方ないとは言え劣化アイマス感。
アイマスと比べるのはさすがにかわいそうですが、『はじめてのかくめい!』と比べても劣化してる感は否めませんよね。
正直こういう売り方するにはみんな結構いい歳ですよね。これだけ人数揃えてある程度のクオリティでってなると仕方ないんでしょうけど、業界の傾向からするともう2-3くらい下から集めたかった感じは否めない。

ある程度コンテンツ全体について言いたいこと言ったところで肝心の曲ですが、別に刺さるところなく普通。
個人的にAメロのメロディーラインがあんまりスッと入ってこなくてうーん。サビも、将来的にある程度成長したところで歌うことを考えれば結構エモそうですが、なんとなく1stシングルってよりは1stアルバムの最後の曲とかそんな感じに聞こえました。


2. さよならレディーメイド



(YouTubeは公式で視聴サイズのみ)



表題曲とは違ってマイナーみを意識したかっこいい系。違った系統の曲を出してこれるのは好印象。
と思いながら聞いてたんですけど、結局サビで似たような曲調に合流しちゃったなあ。

全体的にメロディーが単調ですよね。それでいて低めのところをほぼ跳躍なく行き来するだけ。ちょっと跳んだと思ったら下降ばかり。
ぼく個人として1stシングルに最も求めるのは「キャッチーさ」、言い換えると、1回聞いて頭に残せる何かがあるかです。そういった部分が表題曲とあわせてちょっと弱いかなあと思わざるを得ません。
2番はBメロからサビへ行かずに間奏に飛んでCメロへという構成になっています。キーもEb→Eへあがります。そのあとすぐ強引にEbに戻るんですけど。ラスサビでまたEへ半音上がります。
間奏で用いられているシンセもあんまりアニソンでは聞かない音ですよね。奈須野新平さん、大橋彩香「ジャスミン」とか見るとちょっと納得できる気がします。

声優育成ゲームみたいな内容だったと思うので、それを考えるともうちょっとイントロ終わりくらいで一瞬醸し出された王道ストリングスかっこいい系楽曲の方が良かったのでは?と思ったりします。カップリングに期待しすぎかもしれませんが。
DIALOGUE+であれだけの豪華作成陣をそろえただけに、そこと比較されちゃうとネームバリューだけでなく単純に楽曲の質も一段落ちちゃうなあというのが正直な感想です。



3. Knocking on My Dream!!





16人を4人ずつにわけて4つのグループになっているようです。そのうちの1つ、Flowerの表題曲。
これは打って変わってテンプレ系アニソンって感じの楽曲ですね。楽器構成もそうですし、曲の雰囲気も、間奏ギターソロも。ガッツリテンプレを攻めてきています。
Fから始まってサビでGに全音上がるのはちょっと珍しい。2番サビで上がってからは最後までずっとGです。ヤケクソ転調感ある。
二段サビっぽい構造になってますが、二段目もうちょいなんとかならんかったんか・・・正直ただ引き延ばしてるだけに聞こえちゃったよ。「こころをつなぎ」のメロディーライン、ちょっとひどすぎん?唐突に持ってきました!って言ってるようなもんだろ。


4. One More Step!




これ、リリース前後の広告でめっちゃ使われてた曲ですね。こっちが表題曲じゃないんかい!
Aメロ8小節目の1つクッション挟むところとか、一工夫に欠かないあたりがやっぱりさすがに名が売れてる作曲家ですよね。
サビのメロの作り方も非常にうまい。耳に残す「どこまでも」の繰り返しと、その間のメロのつなぎが完璧。そしてサビ延長部分の作りも、やっぱり前述の表題曲とは完全に差が出てしまっているなと。
サビ前の盛り上げ方も、何気ないところではありますがプロの仕事ですよね。2曲で対比されちゃうのでちょっときびしい。

Cメロへのつなぎ方から間奏へのスムーズな移行、落ちサビへの入りもまさに「これだよなあ~」と思わされます。
涼しい顔して普通に作られているようですが、やはりうまいものはうまい。音楽クリエイターの中にも基礎的な部分からしっかり差があることを認識させられました。



5. our song



これは全ユニット共通で収録されている歌ですね。王道ハイテンポバンドソングです。
とりあえずBird ver.のものをはっておきます。

構成も何もかもがテンプレで、まさに「これでいい、いや、これがいいんだよ!」っていうやつ。
最後の合唱してほしそうなところ、めっちゃ低いし唐突にスパッと終わるのだけちょっと気になったけど、低いのはぼくたちオタクのことを考えてくれたのかもしれません。そういうことにしておきましょう。ライブもおそらく生バンドでやるコンテンツでしょうから、そのあたりはあまり考えなくても良さそうです。
ということで、良い意味であんまり話すことない曲ですね。



6. にこにこワクワク 最高潮!





これは今までに無かった、いかにもなアニソン、いや電波系とでも言えばいいんでしょうか。そういうやつです。曲名から想像される通りの楽しいやつ。
最近のレベルの高いアニソンからすると若干オケ薄い感もしますが、でもこういう曲はこれでいいんでしょうね。聞きなれた雰囲気です。
とにかく聞けばわかると思います。それ以上は必要ないタイプの曲です。



7. ドリ☆アピ



曲名だけ見たらこっちも似たような曲かと思ってしまいますがそうではない。ミドルテンポの楽曲です。
広告で流れてたのはやっぱりこっちですね。

テンション入った特徴的なaug系のコード、サビのしっかり使われるdimなんか聞いて、作曲家の名前見てああ石濱翔かと。
Aメロのフィル、Bメロのキメがしっかりした感じ、サビ終わりの2拍フィルあたりに代表されるグルーヴ感が心地よいですね。それでいてサビはいたって"普通"の流れで持ってくる。MONACAって感じだ。
Cメロも横系の流れでキッチリと変化をつけてきています。それだけに縦のスパッとしたテンポ感がまた活きてきます。
いや~これは素直に好きです。ここまでの7曲の中では個人的にダントツ。やっぱりMONACAしか勝たん。






ということで、好きな曲が見つかったところで今回はここまで。
残りのユニット4曲と3月発売予定の全体曲もまた気が向いたら聞きます。

カテゴリ: 聞いてみた

tb: 0   cm: 0

「津軽海峡・冬景色」をエレクトーンで弾いてみた 

今日の動画は意図をどこかに書き残しておきたいなと思ったので。
先に動画を見てから以下をご覧ください。



















見てもらえば分かりますが、「ぼっち大学生が上野を観光する」動画ではなく、「上野の(上野恩賜公園の)映像をバックに『津軽海峡・冬景色』の演奏が流れる」動画です。

実は最初、歌詞を下に表示しようと思っていたのですが、ちょっと入れてみたところそれは味消しかなと思ったのでやめました。
歌詞が頭に思い浮かぶ人にクスっとしてもらえればよいかなと。
だから編集がカラオケ調なんですよね。


最低限意識したポイントを述べると
0:08 10秒以内に普通の動画じゃないアピール(離れる人は10~15秒で離れるので)
0:38 「上野発の夜行列車~」に合わせて上野駅の映像
0:45 「青森駅は雪の中」なので寒そうな映像
0:57 「海鳴り」は蜂が飛ぶさま(強引)
1:03 「さよならあなた 私は帰ります(山手線)」
1:15 「凍えそうな鴎(シロナガスクジラ)」
1:34 間奏用に長めに撮った映像を合うようにカットして差し込む
1:43 間奏の真ん中あたりで突然切り株を映す(間奏で飽きられがちなので)
1:58 「さよならあなた(小松宮彰仁親王)」
2:06 「私は帰ります(東北新幹線)」
2:20 「津軽海峡冬景色(上野)」
2:37 最後のために撮ってきた映像をカット
2:56 撮影地をアピール(予定通り)

みたいな感じですかね~
一部、撮ってきた素材が短すぎて思うようにいかなかったところもあったのですが、概ね予定通りのものができました。

とりあえず10秒以内に「津軽海峡・冬景色」とデカデカと表示して注意を引き付けておけば、1番くらいまでは聞いてくれるだろうという読み。
間奏で飽きちゃうので、間奏に入ったところで唐突に(間奏)の表示と切り株ネタを用意。もちろん、0:20あたりの前奏の表示は伏線。
間奏が終わったらあとは短いし大体見てくれるやろ!のノリ。
もし初見や通りすがりをここまで惹きつけられていたら十分でしょう。
逆に言えば、これで見てくれる人をターゲットにしています。

とはいえ、もう少し字幕等でこだわりの価値はあったかもしれません。
毎日投稿のためにはクオリティの犠牲が必要ですから、あんまり気にしてませんが。

意識してみてみたらおもしろい部分もあると思います。ぜひもう一度ご覧ください。
よければ、チャンネル登録高評価、よろしくお願いします!


と、YouTuberみたいなことを言ったところで今日は終わります。
それでは。

カテゴリ: 音楽

tb: 0   cm: 0

「Pretender」を聞いてみた 

2019年の音楽シーンを賑わせた1曲であることに間違いないでしょう。










言うまでもなく、2019年のJ-Popを代表したOfficial髭男dismの1曲です。

ぼくは恋愛とかしたことないし、それを差し引いてラブソングとしてもあんまり響かなかったというのが正直な感情です。
歌詞もボカロとよくあるラブソングを足して2で割ったみたいな、ここまでヒットするほどか?と思ってしまいました。
もちろん悪いとは思わないんですけど。

曲は骨格として分かりやすくていいですよね。
Abキーのカノン進行が基調になったAメロ。落ち着いたメロの入り。
Bメロでピアノが分かりやすく4分を刻みながら、一拍ずつ早く変わっていくコードから気持ちのすれ違いみたいなものをうまく表現して、サビへうまく力をためます。
サビ前最後2小節でサビに向かう感じをだして、「グッバイ」で一瞬完全に無音を作り、サビへと入る流れはやはり秀逸です。
サビのメロは全体としてそこまでキャッチーではないものの、頭4小節は繰り返し基調で頭に残りやすく、後半も「いやいや」などで曲を通して多用される韻踏みを用い、やっぱりヒット曲にはそういった、言ってしまえば定型の仕掛けがちゃんとあるものだなあと改めて思わされます。

個人的にこの曲で一番好きなのはBメロです。
ピアノの4分の刻みにテンションが適宜うまいこと加えられており、絶妙にオシャレになっています。
1回目はC7(b9)、2回目はC7(#9)の持ち込み方とか特にうまいなあと鳥肌立ちます。
テンションがないところも含めて、Bメロ通してピアノのトップの音の選び方もなんとも言えない心地よいラインを形成しています。
一番気持ちいいところを突いてくれる感じが最高です。「ピアノPOPバンド」を名乗るだけのことはあるなあと(超上から目線)。
曲を通してもピアノを効果的に使われているところが、通常想像されるようなバンドとの違いをうまく演出していますね。

イントロ・エンディングなどに用いられている「ドシラミー・・・」というフレーズも特徴的です。Aメロでもずっと裏でなっていたり、最初印象に残ったフレーズはこれでした。
イントロはギターの低めの音域、ラストはピアノでオクターブ上の音域。このあたり、歌詞とか真剣に見たり、あるいはドラマを真剣に見たりしたら考察のしがいがありそうですが、そこまでの熱量はないので。


以上です。
音楽は時が経っても色褪せることがありませんから、流行に乗り遅れたと思ってまだ聞いていない方もぜひ聞いてみてください。

カテゴリ: 聞いてみた

テーマ: 今日の1曲 - ジャンル: 音楽

tb: 0   cm: 0

Apple Musicを契約した 

結局Apple Musicを1週間くらい前に契約しました。
洋楽ばっかで邦楽弱い印象でしたが、特に昨年はサブスクリプションサービスの勢いも増し、昔から活動してるアーティストだったり権力持ってたりするレーベルでない限りは、だいたいどこでも配信されているようです。

ぼくは普段iTunesで音楽を管理してiPodで音楽を聞いているので、特に配信曲に大きな不満がなければApple Musicでいいかなと思っていました。
端末ごとに音楽を同期できますし、Android端末にもApple Musicをインストールすることで不便なく利用することができます。
現状の使用感としては特に不満なところもありません。

ほしかった曲としては、第一にはJ-popですかね。今のところは特に不自由してません。
結局アニソン回りはほしいと思えばTSUTAYAに借りに行くので、その点ではサブスクリプションには元からあまり期待してません。
借りるまでは行かないけど・・・みたいな曲がしっかり聞けるのはそれでも大きなプラスですが。

せっかくお金払って契約するので、これまであまり聞いてこなかったような分野の曲も聞けたらなあと思います。
そのあたり、追々このブログでも書いていきます。

カテゴリ: 音楽

tb: 0   cm: 0