FC2ブログ
06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

受験を検討している模試・試験などまとめ 

とりあえず院試が落ち着いて夏休みの9月あたりまでを視野に


①大学受験関係
5/31(日) 第1回駿台全国模試
9/27(日) 第2回駿台全国模試

8月に大学別模試がありますが、さすがに院試とぶつかりすぎて怖い。8/23(日)の京大実戦は筆記が終わっているのでありだが。
また、8月末頃に全統記述がありますが、今年は院試の口述がちょうど8月末なのでぶつかりそう。もしぶつからないのであれば、とりあえずこちらを検討してもよい。



②英語関係
5/31(日) 2020年度第1回英検一次試験
7/5(日) 2020年度第1回英検二次試験(B日程)

英検受けるくらいならとりあえず駿台全国かな。
受けるなら準1級の予定。ちなみに、中1で準2級をとったことがある。

TOEICは5/24(日),6/28(日),9/13(日)あたりが候補。
院試用にTOEFLと思ったけど、一般で受験しようと思ったら235ドルもかかるらしい?
東大でITPをうけられる機会はあったはずだから、院試前に1回受けておくのはありっぽい。ブログ書いてるのが実家なので、東京に戻ったら駒場でちょっと本格的にTOEFLに向けて情報収集したい。
そもそも院試もITPなので、iBTを受ける必要は喫緊ではないと言えばない。


③その他検定
漢検は直近だと6/16(日)だが、漢検はどうせ受けるなら直で1級を受けたいと思っている(あまり刻む意味が感じられない)ので、これはパス。ちなみに小学生の頃に3級をとった。
数検は7/18(土)だけど、これも期末試験直前でちょっと怖さある。これこそ受けるなら1級以外何の意味もないのだが、数検1級の勉強はほんの少し院試にも役立ちそうな面があるので検討の範囲に入りそう。ただ数検はちょっと高いんだよなあ(1級が7800円)。受けるなら一発で合格したいんだけど、ちょっと運ゲーの側面もありそうなのが怖い。

他に前から気になってる世界遺産検定。7/5(日)か9/13(日)かな。
これは受けるなら2級から。ワンチャン3級受けてもいいけど、大した知識が必要とされない3級で4900円払うくらいなら、一発2級5900円でいいよなあという感じがある。

あとは気になってる資格・検定をいくつか忘れる前にあげておくと
・国内旅行業務取扱管理者
これはれっきとした国家資格。例年9月頭に行われる模様で真っ先に狙いたいが、院試と激突する可能性も高い。
取得した時にそこそこ強そうで履歴書に自信もってかける資格なのは間違いないし、ここから始めるかな~。

・旅行地理検定
次回(51回)からいろいろ変わるらしい。国内上級はそのうちとりたい。

・地図地理検定
ちょっと趣向が違っておもしろそう。地理Bの知識は勉強すればすぐ復活すると思うので、十分勉強してとれる範囲ではありそう。

・運転地理検定
これはいろいろ調べるまで全く知らなかったんだけど、問題集的なものとか出題範囲が見当たらないし、結構難しそう。3級からして土地勘が一般人を超越してないと厳しい。
東京都内をめちゃくちゃ歩き回ってから勉強すれば・・・?

・全国観光特産士
食・特産品・伝統芸能や工芸品などが中心の検定。2級以上の受験に前級の取得が必須と金儲けする気マンマンだが、内容自体はやはりおもしろそう。学割効くので学生のうちに受けたい。
おもしろそうしか言ってないけど、おもしろそうなやつしかピックアップしてないので当たり前ではある。

・歴史能力検定
いわゆる「歴検」。実は中学時代に受けて準3級を持っていたりするんだけど、今とるなら世界史やりなおして世界史2級からかなあ。国内旅行のこと考えたら日本史なんすけどね。


だいたいこんな感じ。
院試や期末試験のこともかんがえると、5月か6月のTOEICorTOEFL ITPを1つと、9月の国内旅行業務取扱管理者はほしい。
余裕があれば7/18(土)の数検もってところ。
あとは、第1回駿台全国を受けられそうなら受けて、無理なら京大実戦or第2回駿台全国って感じになるかなあ。
駿台全国に関しては勉強が間に合う気がしないので、第2回に回してもいいような気はしている。ダービー見たいし。

数検はもし7月に受けないなら10月は絶対に受けたい。締め切りが6月頭くらいで結構早いので、どうするかめちゃくちゃ悩みどころではあるんだけど。
しかし10月もしダメだったら次は4月とかなり間が空くのも嫌だし、そしたら結局7月かなあということになりそう。勉強が無駄になることはないし、直前1日潰れるくらいで壊れるような計画を立てていてもどうせダメなので受けると決めた方がいいのかな。



といった感じで検討しておきます。
また、試験に申し込んだらその都度報告はしていきますのでよろしくお願いします。


それでは。
スポンサーサイト



カテゴリ: 検定・資格

tb: 0   cm: 0

世界遺産検定が気になるオタク 

※予約投稿です




これは前にブログに書いたかどうか分かりませんが、高校生の時からずっと世界遺産検定に興味があります。

もっと言えば僕が小学校高学年くらいからずっと持っている夢があります。それは「日本一周」です。
ひたすら時間をゆっくりかけて47都道府県をじっくりまわる、そんな日本一周の旅をするのが僕の小さい頃からの夢でした。
世界旅行は正直ハードルが高く、世界にある程度慣れた友人と行きたいのですがそんな友人はいないので今のところ行きたいとは思っていません。
しかし、日本同様に世界を訪れたい気持ちはあって、その延長線上(?)にあるのが世界遺産検定というわけです。

もともとくだらない知識をつけるのも好きなタイプなので、そういう意味でもこういうちょっとマニアックな検定は興味が非常にひかれるところであります。
1級はちょっと大変そうかなあと思っていますが、2級くらいはそこそこの勉強量で取れそうですし狙ってみたいと前々から思っていました。

大学入ってから死ぬほど時間はあったんだから、日本一周とは言わずともいろんなところに行けたはずだし、検定の勉強だってできたはずですが、ついこの間とりあえず4級の検定本を買ってしまいました。
衝動買いだったのですが、やはり眺めているだけで十分面白く1000円ですから買った価値があったなあと既に感じているところです。これはもっと早く手を出すべきだったかもしれません。

言っても4級なんかはもともと興味あることですし知ってることが多く、正直勉強しなくても受かるんじゃないかという説はあります。
しかし、上の級を目指すには基礎をしっかりしておく必要があるでしょうし、しばらくこれで楽しみたいと思います。
この後もモチベと時間が許せばどんどん上の級を目指していきたいですね。面白いことなんかがあればこのブログにも書いていきたいと思います。

ざっと読んだ感じだと、小笠原諸島はついこの間いったばっかりなので知ってることばっかりである意味面白かったです。
4級は日本の全遺産と世界の主要遺産30くらいが範囲になるのですが、改めて眺めてみると意外と日本の世界遺産は訪れている場所も多いんだなあと感じました。
などと言いつつおそらく一番手近にいけるであろう国立西洋美術館は行ったことないんですが・・・今度訪れてみようと思います。

国内で一番訪れるのが大変であろう小笠原諸島を割としっかり制覇しているので、日本国内の世界遺産全制覇自体は難しくないんじゃないかと思っています。真っ当な大人になればなお簡単でしょうしやってみたいものです。



ということで今日は世界遺産検定のお話でした。

カテゴリ: 検定・資格

tb: 0   cm: 0

独検3級の自己採点 

筆記 15/33
リスニング 6/10

合計 21/43 (48.8%)


さすがに勉強量が足りなかった模様。
単語の意味が全く分からないんだよなあ・・・
4,6が全滅したのが痛すぎた模様。

リスニングはディクテーションが無理。知らない単語は聞き取れない。
それ以外は5/6でいいんですけどねえ


まあ2回目はさすがに受かるんじゃないですか
2級も検討するレベル。
外国語たのちたのちだね〜







「楽しいねって毎日言いたいな ささやかだけど幸せだよ この瞬間が」
―after school NAVIGATORS (にこりんぱな)

カテゴリ: 検定・資格

tb: 0   cm: 0

独検3級、受けます 

ご存知かどうかわかりませんが、二外はドイツ語を選択しています。
理一は必要な単位数が63で、そのうち二外の必修単位数は6とかなり大きな割合を占めています。
しかも1Aまでは確実にお付き合いすることになります。

ということは、ドイツ語をやっておけばかなり進振りが有利になるというわけですね。
まあ地物は理数が2倍になるので実際そこまでではないと思いますが…

独検3級レベルのドイツ語が身についていれば二外レベルのドイツ語なんて余裕でしょう。
なので受けます、独検3級。

ちなみに6/26なのでそんなに余裕はないです。
今まで1ヶ月でどれくらいドイツ語を学んできたのかを確かめるために、試しに5級の問題を解いてみました。
結果は筆記60/78、リスニング27/30の合計87/108で8割ちょっとってとこですかね。
一応合格ラインは超えています。

特に、リスニングは想像以上に取れましたね。
東大のドイツ語の教科書の音声が無駄に早いので、それが効いてるように思います。
現状では単語力不足で筆記の方がかなりキツいです。
いやそんなんどう考えても常識でしょ、みたいな単語もわからないので。

およそあと50日ほどあるので、やってやれないことはないと思います。
まあ1日3時間くらいが目安ですかね?
とりあえずまずは文法を中心に進めていくつもりです。
その後で単語を固めていこうと思います。

一応参考書紹介をしておくと
文法は「ゼロから始めるドイツ語
単語は「独検対応クラウンドイツ語単語1600
これに必要に応じて大学の教科書とその音声を使用していきます。
特に教科書音声は無駄に早い(2回目)ので、リスニング対策にうってつけです。
また、1600単語は覚えられないことがないくらいの量かと思いますが、方針としては1冊完璧にするというよりは4級までを完璧にするつもりです。
まあそれでも基本四択ですし6割取れば受かることを考えれば十分なんじゃないかと思います。

ちなみに受験料が6500円となかなか高いのであまり無駄には出来ません。
頑張りたいと思います。




「本気だったらチャンスはくるよ
つかまえなくちゃ ときめきが消えないうちに」
―夢なき夢は夢じゃない (高坂穂乃果)


カテゴリ: 検定・資格

tb: 0   cm: 0