FC2ブログ
04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

成功体験の必要性 

何事も「成功体験」って大切ですよね。
「失敗体験」が人を強くするとも言いますが、それは成功あってこそのもの。
成功を伴わない失敗はただメンタルをえぐるだけです。

そういう意味で、成功からはかなり長い間離れてしまっているなあということを思いました。
最後に成功を感じたのはいつでしょうか。
東大に合格したときか?となると、確かにアレは3年半~4年計画での成功だったと言えるのかもしれません。
しかし、結果には全くもって満足していませんし(未だにこんなこと言ってるのがキモい)、それを考えると夏の大学別模試あたりか?

なにせ、大学に入ってから「これは成功したな!」と思えるものってほんとにないように思います。
プチ成功は数々あるでしょうが、何か長期間かけて続けたことが実を結んだという成功はほんとにないです。


まあそんなことは人生に何度も訪れるものでもないでしょう。
なので、プチ成功を繋ぎ合わせて何年かに1回大きな成功を勝ち取ることが出来たらいいな、と思いながら人々は生きているのだと思います。
とはいえ成長著しいはずの大学生、それも5年目に入っていまだ何もないというのは少し悲しい話。
別に学問や勉強に限らなくてもよいのです。ただ、この4年間で頑張ったと胸を張って言えるものが本当にない。

結局、2年後期あたりから追いつけない勉強に迫られるプレッシャーによって、何事も中途半端になってしまったのです。
唯一昨年は競馬においてかなり進歩があったと個人的には思っていますが、まだまだ勝負できるレベルにはあらず。
結局新学期が始まったことによって、重賞レースすらまともに予想することが出来ていないのが現状です。
土日にやろうと思えばやれるのですが、その気力が存在しない。
競馬には「真剣」でありたいので、レースを真剣に1頭1頭見るのってめちゃくちゃ体力使うんですよ。それにあわせて、毎日ニュースサイトや5chを巡回してジョッキーや調教師、馬主などのコメントを集めて回らないといけないし、当然調教だって確認しておかなければなりません。
当たり前ですが、競馬で(馬券的な)成功を収めようと思ったら、人間がやる限りこれくらいの努力は必要なわけです。
そして、それは片手間で出来る範囲を超えている。当然の話です。

他には、音楽も中途半端どまり。
機材はちょこちょこ揃えたりして、Cubaseが使える環境もとりあえず構築したり。この4年間でいろんな音が聞こえるようになりましたし、理論も多少は分かりつつあります。
しかし、そのどれも中途半端。じっくり腰を据えたことはありません。
音楽に関しては、今後もじっくり腰を据えるほどの気概は全くないのですが・・・。

あとは今年に入って始めたYouTuberくらいなんですよね。
これに関してはまだ始まったばかり、かつ、片手間で出来ることをモットーに始めたのでまだまだ分かりません。
投稿を続けることである程度までは行くでしょうが、それ以上は全く予想の範囲外。この形態である以上、運が大きく絡み過ぎる部分はあると思います。


ここまで挙げたものを見てみると、どれもプチ成功を生み出しづらいような気がします。
そういう意味では、もっと手近で成功を生み出したいですよね。
手近な成功だと資格はそれになり得ると思いますが、いかんせんもう気力がない。つらい。
今期も結局、大学の通常の勉強に追われて他のことがなかなか手につかない状況です。あまりこれまでと違いがありません。
やっぱり、どこでハッキリとキリをつけるしかないんでしょうね。大学にしがみつきたいわけじゃなく、もはやただ大卒の資格がほしいだけですから。


今日はこのあたりで。
それでは。
スポンサーサイト



カテゴリ: 日記(リアル)

tb: 0   cm: 0

やべえ 

今学期始まってからいま一番やべえ。
生活リズム崩壊もそうだけど、それ以上に精神にちょっときはじめてる感ある。
人生、終わるのか・・・?

昨日はついに人生が終わってしまった。
今日は顔さえ出せばよいのでなんとか持ちそうだけど、明日以降は分からない。

そういえば、もう2週間ほどまともに外に出ていない。
なんなら、ここ4日くらいはスーパーすらいかず、家にある冷凍食品や米、カップ麺で暮らしてる。食生活もやべえ。
これはガチでヤバい感出てきているので、なんとかして現状を打破しなければならない。

スーパーにも行けてなければ、その他の活動も出来ていない。
アニメも見れていないしYouTubeの動画を見る気力もない。マジでやばい。
さらに言うとYouTubeの動画を作る気力もない。
完全な無気力状態。やばい。


今学期まず避けなければならないのは、ここ2年半続けてしまった単位の圧倒的不足。
今学期もいよいよ10単位程度しか取れないとなると、本格的に中退・放校が見えてくる。それはまずい。
もちろん2留を避けるには30単位必要なのだが、仮にそれが無理だとしても20単位くらいはほしいところ。
ここが踏ん張りどころだぞ。頑張れ。

もうある程度Apexやその他もろもろに逃げるのもしょうがない。そう割り切って生きていくしかないんだ。
むしろ、Apexだけはまだなんとかやる気を維持できているだけマシ。1年半前は本当に何もやっていなかった。
それを差し引いても今学期は最大の単位取得チャンスなんだ。頑張ってくれ、俺。
高卒は学歴厨プライドが許さない。大卒になってくれ。頼む。

カテゴリ: 日記(リアル)

tb: 0   cm: 0

結局「勉強が好き」なのか? 

ぼくは高校まで「勉強が好き」でした。
しかし、その本質はどこにあったのでしょうか。
少なくとも、純粋な知的好奇心のみからくるものではなかったことに間違いありません。

ぼくは勉強と同じくらい、いや、それ以上に「模試を受けることが好き」でした。
個人的にはそちらの方がより自分の本質に近いのではないかと思います。
すなわち、何か努力を重ねた結果得られる成績の向上・能力の向上、および、そこからくる点数を競うことの楽しさこそが、ぼくの勉強に対する一番のモチベーションだったと言えると考えています。

いかに頭を使って自分の能力を向上させ、そして、その結果良い成績をおさめるか、ここに一番の喜びを感じていたのです。
これは他の多くの趣味と通ずる点でもあります。
大1~2あたりで特にハマった音ゲーや、現在進行形でハマっているApexも、結局はそこにモチベーションがあるのだと思います。

つまり、勉強そのもの、あるいは、科目そのものが特別好きということはなかったのだと思います。
振り返ってみれば(今もだが)、特にこれといって好きな科目はありませんでしたし、逆にこれといって嫌いな科目もありませんでした。
唯一小説だけは点数の伸ばし方が最後まで分からなかったのでそういう意味で嫌いだったとも言えますが、やはり好き嫌いの観点はそこにあるわけです。単純に小説を読むこと自体はおもしろいと思いますし。
高校理科4科目はどれもおもしろいと思っていましたし、地歴公民も好き、古文漢文も好きとまでは言いませんが普通におもしろいとは思っていました。
その興味の幅は今の教養学部・統合自然科学科という場所にピッタリだと思っていて、居心地も大変良いです。

しかし、それはあくまで点数獲得ゲームを楽しんでいたにすぎなかったわけです。
そのため、いざ大学に入ってただひたすらに興味の赴くままに勉強をするということも出来なかったし、単位取得のための必要に駆られて勉強するということも出来ませんでした。
さらに言えば今後、勉強ではなく研究へとシフトしていくわけです。
個人的に研究そのものはどちらかと言えば得意な方だと思いますが、当然そこには期限が発生しますし、一人で出来るものでもありませんから、ある程度の実力・能力はないと研究室はじめ周りに迷惑をかけてしまいます。
そういったものは、大学での勉強同様、おそらく自分向きではありません。


重ねますが、ぼくにとって勉強というのは点取りゲームなのです。
純粋な知的好奇心が全くないわけではありませんが、それほど強いものでもありませんでした。全く必要に駆られず、自分ひとりで趣味程度に嗜む程度がちょうどいいのでしょう。
宝くじ当てて自分の経済について何も考えなくてよくなったら、またゆっくりと勉強したいなと思います。

また、勉強に限らず「期限に迫られて」「外的要因に強制されて」やるものが、一般の人に比べて極端に苦手なように思います。
要は全て自分の好きなようにやりたいのです。
自分で出来る限りのことはやりたいし、もしそれで立ち行かなくなったら必要に応じて周りに助けは求めます。
もちろん、そんな傲慢な人に合わせてくれる人は基本的に存在しませんから、生きていく上であまりに理想論すぎるのですが。


ここまで書いて、ぼくって人間生活向いてなさすぎません?
それでも遅くとも2022年4月には自立して生きていかないといけないことになると思うので、何か生計を立てる方法を見つけなければなりません。

そのために模索しているのが競馬だったりYouTubeだったりするわけですが、ま~非現実的なんすよね。
仮にそれらが軌道に乗ったとしてもよほどでない限りは兼業になるでしょうが、それにしたって兼業ラインにいけない可能性の方が高いでしょう。
かといって、2留東大理系学部卒でどうやって就職するんだという話です。
いわゆる通常の就職ルートではほぼほぼ不可能ですから、何か圧倒的なスキルを身に着けるとかしかないのかなあと思いますが、じゃあそのスキルって何ですかと。
人生設計難しすぎる。

まあ1,2か月前くらいにも書きましたが、競プロやろうかなって思ってるのはその線の可能性の1つですね。
生命線を繋ぐだけならとりあえず実家に帰ってフリーターで適当に稼げばよいわけですが、それをいつまでも続けるわけにもいきませんから、何かしら手段を考えないといけません。
教育はやりたさあるんですが、いかんせん現役退いて時間経ちすぎてますし、結局責任がめちゃくちゃ重い仕事ですからねえ。
ちゃんと考えないとなあと思う反面、留年という普通の人はなかなか経験しない挫折経験はそういう職で強みにもなると思っているので、何か自分が出来ることもあるはずだという意思もあったりします。


久しぶりに真剣な記事を書いたところで今日は終わり。
それでは。

カテゴリ: 日記(リアル)

tb: 0   cm: 0

ついに月1を飛ばしてしまった 

さようならぼくの月1


月1の講義、ガチでクソすぎてマジでゴミなんですけど、講義の最後に出る課題を出さないと単位がないので毎回出席が必須なんすよね。
オンラインだからギリギリ今まで出席できていましたが、ついに途切れてしまいました。泣いてる。

ただでさえ学科に友達がいないのに加えて留年なので頼れる人もゼロ。
人生終了落単2留って感じだ。


悲しいのでApexやります。
明日までにやらなきゃいけないことが山積みですが、果たしてどうなることやら。

カテゴリ: 日記(リアル)

tb: 0   cm: 0

生活リズムを大胆に破壊する男 

今日7時寝14時起くらい。
京王杯SCもほとんど予想することなくただ見ただけ。

飯食って酒飲んで今に至ります。


体もあったまったところでApexやります。
Apex最高!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

カテゴリ: 日記(リアル)

tb: 0   cm: 0