FC2ブログ
03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

2020大阪杯予想 

【大阪杯】
◎ラッキーライラック
○ワグネリアン
▲ダノンキングリー
△クロノジェネシス
△ブラストワンピース


正直印上位3頭のトリプル本命みたいな形。
その中でもラッキーライラックを本命にしたのは、隊列としていきたい馬の後ろ好位グループで一番内前にいる読み。スッと馬群割って脚伸ばしつつ、後方からくる馬がいれば十分伸びてくるだけの能力はある。仮にそのポジションがとれずワグネリアンの後ろとか外になってもキレる脚はあるわけだし、よっぽど大きく詰まらない限りは大敗することはないんじゃないの。もちろん脳裏にはエリ女の強烈な末脚があって、それをスミヨンじゃなくデムーロで引き出せるかというのはかなり大きな問題だが、まあそうならなくてもある程度は走れるでしょ。ただ乗るだけだったら難しい馬じゃない。
対抗のワグネリアンはラッキーライラックの前に入れば最有力。昨年は内つける恩恵あったとはいえ馬場としては今年の方が圧倒的に向くはず。秋見ててもこのメンバー相手に全く劣らないし、内前有利高速馬場としては最高の枠を引いて流れが来てる。まあ福永捌けますか問題は常にあるけど、頭数少ないしどうせ早めから動き出さなきゃいけないコース形態なので、3角から1つ外に持ち出すことを祈るしかない。一生福永を買いませんというならともかく、重賞毎に馬券買うような人からしたらやっぱり買いどころは見つけないといけないので。
3番手にダノンキングリー。単純な能力だけでいったらこれっぽいと思うが、結局先にあげた2頭より外の枠なので3番手。あとは関西輸送を気にしすぎてるのか、調教を水曜にやったあと木曜にすぐ輸送したのが悪い方向に出ている可能性もあるのでそのあたりを心配して。ゆーて毎日王冠・中山記念だけ走れば十分G1で通用するし、他の前哨戦ダノンとはちょっと違うタイプだと思う。皐月賞3着、ダービー2着の実績もあるわけで。馬場状態もこの馬には絶好だし、G1とるならここ。

以下はちょっと評価離れる。
クロノジェネシスは4番手に置いたが、正直ここで評価離した理由は大外枠以外にあまりない。調教相変わらず抜群だし、ぼくは高速馬場適性に何の問題もないと見ている。阪神2000の舞台も問題ない。急坂を気にする声が一部あったが、桜花賞であがり32.9使ってるし、重馬場も問題なくこなしていて今年に入って馬体も増えているし大きなマイナス要素にはならないんじゃないかな。ただ、それでも評価が離れた4番手になるほど大外枠は致命的だと思う。
最後にブラストワンピース。これは高速馬場適性皆無。だけど、印つけなかった馬に比べたら能力差は圧倒的。しかも有力馬で最も内枠。そもそも3F,4Fの瞬発力勝負をするわけじゃないので、持続力勝負だったらまだワンチャンは生まれそう。それにしたって器用な馬ではないのでうまく立ち回れる可能性は低いが、札幌記念のように内を活かして奇跡的に進路が開けさえすれば勝って不思議ないだけの能力はあるし、切るには至らなかった。


切った馬はどれもG1級の能力から劣るし、一発入る余地もないと見た。いろいろ理由あるけど割愛。
ただロードマイウェイが6番人気になるのはちょっとわからない。いろいろ過大評価されすぎでは。無観客だしとりあえず武豊~って層もいつもより少ないだろうし。それならまだカデナ買いたいんだけど。


オッズまだまだ動くだろうし上位5頭で最終的にどれがどう売れるか読めないので、その辺見つつ馬券は決める。
スポンサーサイト



カテゴリ: 予想

テーマ: 中央競馬(JRA)予想 - ジャンル: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

2020ダービー卿CT予想 

【ダービー卿CT】
◎ケイアイノーテック
○プリモシーン
▲トーラスジェミニ
△ジャンダルム
△クルーガー
△カツジ
×ストーミーシー


ケイアイノーテックが好走するならここしかないだろ。
57はここまで戦績を汚し続けてきた甲斐があった。ずっと末脚はしっかり使ってる馬だし、特段能力が落ちたわけじゃない。NHKマイルで買わずに結構泣かされた馬だったが、ついい買うときが来た。前から運びたい馬が多いのは嬉しいところだろう。また最後方に構えよとは言わないが、自分の運べるポジションからうまく運んでしまい使えば良い。上がりが使えれば届く馬場と見ている。
対抗はプリモシーン。好きな馬なんだけど相変わらず雑魚狩りに回されててかわいそう。56kg背負わされるのは分かりきったことで、それでもわざわざここを使うんだから勝負に来てると見るしかない。遠征が嫌で阪神牝馬使えない面もあるが、東京新聞杯から使ってるあたりがね。枠も中ごろでちょうどいいだろうし、高い評価をせざるを得ない。

単穴にトーラスジェミニ。前走逃げて強い競馬だったし、今回54を考えたら普通にチャンスある。めちゃめちゃ使われ続けててかわいそうだなあとは思うが、もうこの馬にとっては慣れたものだろうし。木幡育也が重賞でちゃんとした逃げを打てるかどうかだけ。
ジャンダルムは内枠ラッキーだし56はストーミーシーの56.5を考えればラッキーかなと。ペース早くなりそうなのもこの馬には好都合で粘り切れれば。
クルーガーも相手弱いここなら57で十分好走圏内。前にこだわる必要はないし出たなりで確保できたポジションから運べば好走して不思議なし。

カツジはやっぱり外枠が厳しい。前走も外を回らされた分で最後止まっちゃった感あるし今回もその二の舞になりそうな予感。スタートしてすぐ2角の間に内に入れられれば一気に勝ち負け圏内だと思うので、スタート次第かなあ。松山の技量が求められる。
最後に一応ストーミーシー。前走で突然前行って勝っちゃったわけだけど、今回はその競馬じゃ足りないと見てる。なので、普通に中団より後ろから運んで最後着拾いに来たら怖いなあ~って意味でおさえ。


レイエンダは前から言ってるように大して強くない。ルメール、スミヨンレベルでやっと好走まで導けるわけで、丸山元気じゃ荷が重い。あと、レイデオロと違って結構パワー型っぽい印象あり、軽い馬場は本質的に向かないんじゃないかなと。
マイスタイルは評価してる馬だけど、さすがに大外で57.5はしんどいでしょう。


馬券としては◎-○の馬連ワイドで。ここは勝負どころと見た。

カテゴリ: 予想

テーマ: 中央競馬(JRA)予想 - ジャンル: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

2020マーチS予想 

ただでさえダートあんまり分からないのに、二日間のスライドで馬の状態も分かんないし金使うのは100%間違いなんだよな。
と思いつつ、とりあえず予想しないことにはダートへの理解度も上がらないので。


【マーチS】
◎スワーヴアラミス
○クリンチャー
▲アシャカトブ
△ワイルドカード
△メイショウワザシ
△ナムラアラシ
×テーオーフォース


やっぱり全く分からない。
けど、スワーヴアラミスくらいしか重賞で走りそうな感じない。無理にポジションとらなくても出たところでおさまればいいだろうし、最後は能力の違いで3馬身は突き放すんじゃないの。藤岡康太嫌いだけどもうこれは仕方ない。
クリンチャーはポジション取れない上に中山1800はダメっぽい。でも、今回先行したい馬はたくさんいるので後方向きの展開になればやっぱりこれが一番なのかなと。
アシャカトブは正直能力1枚足りてないっぽいが、これも他の前行きたい馬ほどのスピードはなさそうなので中団くらいから運ぶイメージで。お掃除係になるような気もするが、反対にスワーヴアラミスに全部潰してもらったあとのおこぼれをもらいたい。

後はいろいろあるけど、マジで激浅なので省略。本命が藤岡康太だし馬券も買わない。

カテゴリ: 予想

tb: 0   cm: 0

炎の十番勝負2020春 予想 

今年もこの季節がやってきました。
たぶんこの記事が上がってる頃には高松宮記念が終わってると思うんですけど、一応前日土曜に執筆しています。


早速ですが、指名馬一覧は以下です。


高松宮記念 タワーオブロンドン
大阪杯 ラッキーライラック
桜花賞 レシステンシア
皐月賞 コントレイル
天皇賞・春 フィエールマン
NHKマイルC タイセイビジョン
ヴィクトリアマイル プリモシーン
オークス ミヤマザクラ
日本ダービー コントレイル
安田記念 ダノンプレミアム
宝塚記念 サートゥルナーリア

番組 先週の結果分析


2020春の十番勝負


まあもちろんめちゃくちゃ悩んでるんですが。
まずは出走する読みを最優先に。あとは、好きな馬の中から勝負になりそうな馬を選択しています。

高松宮記念はまだ真剣に予想入れてない段階ですが、タワーオブロンドンは1200なら中山より中京。叩いた上積みもあるし秋の強さ考えたら3着外すことは考えづらいかなと。
大阪杯は何が勝つか分かんないので好きなラッキーライラックをとりあえず指名。ダノンキングリーは結構気になるところだけど、応募時点で未だに騎手未定なのはちょっとなあと。

クラシックは、まず桜花賞のレシステンシア。チューリップ賞はいい負けだったと思っているので、今のまま阪神が高速馬場で続くなら勝てる。オークスはミヤマザクラで。クイーンCは切れ味見せてしっかり勝ち切ったあたり牝馬戦線ではトップクラスの能力ある。2400延長に一切の不安がないのも好材料と見て。
牡馬はコントレイルの二冠。これはただぼくが見たいだけ。サトノフラッグとか捨てづらいんですけどね~。

NHKマイルはマジで何が出てくるか分からんので、とりあえず出てきそうなタイセイビジョン。現状マイル路線を決めている馬の中ではトップクラスの実力かなあと。出てくるならサリオス選びたいが、個人的には皐月賞の結果がどうであれダービーに向かうと思っているので。レシステンシアは東京に変わってスプリント寄りの馬もたくさん出てきがちなNHKマイルだと厳しいのかなあと。

春天はフィエールマン一択。フィエールマンクラス(G1複数)の馬が春天に出てくる可能性すら低い。キセキが阪神大賞典で次にもつながってしまいそうな大ゴケしたのも大きい。ユーキャンスマイルじゃ相手にならんでしょ。

安田記念は好きだからの一点でダノンプレミアム。オーストラリアの後どうするのかローテが読めないけど、ここでアーモンドアイ指名するくらいならこっち指名しといた方が当たった時カッコイイかなってただそれだけ。コロナのことがあるので、検疫関係で安田には間に合わない可能性も十分ありそうだけど、まあその時はその時でしゃーない。
宝塚はサートゥルナーリア。現時点で出走を表明しているし、間隔がしっかりあくのもよい。阪神内2200はかなりベストに近い舞台だと思うし、仮にタフな馬場になったとしてもこなせそう。元々評価高いが、内容はさておき金鯱賞しっかり勝ち切ったことでさらにその評価を確固たるものにした。



だいたいこんなイメージで決めました。触れてないところで迷った馬もたくさんいるんですけど、あんまり書いてもキリがないので。
そもそもこれはさすがに運ゲーが強すぎるので、お祭り騒ぎワッショイで適当に楽しむべきものでしょうし、なんなら高松宮記念でタワーオブロンドンを本命にしない可能性も高いでしょう(昨日の記事参照)。

前期は結構いい線いってたので、今期もハイスコア取れるといいな~と思っております。


それでは。

カテゴリ: 予想

tb: 0   cm: 0

2020高松宮記念予想 

ついに春のG1開幕です。
ちなみに、十番勝負の予想は明日アップします。また、マーチSはとりあえず今日の開催がなくなったので一旦スルーで。


【高松宮記念】
◎タワーオブロンドン
○セイウンコウセイ
▲ダノンスマッシュ
△アウィルアウェイ
△ステルヴィオ
△グルーヴィット
×ナックビーナス
×モズスーパーフレア
☆クリノガウディー


本命は迷い迷ってタワーオブロンドン。懸念点は重馬場の藤沢和雄厩舎くらい。ゆーてこの馬は大丈夫そうなタイプに見えるけどなあ。藤沢和厩舎の出世馬の中ではちょっと異質だし。福永も中京はなぜか成績良いし去年勝ってるしここは連覇で。
前走は明らかな前哨戦なので気にする必要なく、能力トップクラスは間違いない。中山よりは中京だと思っているので、基本的には買いなんだよな。

2番手にセイウンコウセイ。ほんとはもっと内がよかったというのは言うまでもないんですが、前行きたい馬が結構外にいるので割となんとかなるのでは。明らかな中京巧者で道悪も問題ない。このメンバー相手でもやれる気がする。
3番手にダノンスマッシュ。いつの時代もトライアルホースってのは存在するもので、これもそのたぐいに見えてくる。が、前走の状態を維持さえしていれば十分G1級の馬だと思う。昨年も外回らされての4着で強い内容だし、コース自体に不安はない。そろそろダノン×川田で古馬G1勝つところも見たい感じあるし、チャンスはチャンスでしょ。

以下はヒモっぽい扱いで。アウィルアウェイは個人的にはまあまあ評価高い。前走はさすがに展開利もあったと思うが、それでも古馬重賞を勝ったのは評価したい。内枠を引いたのであとは松山がさばけるかどうかだけ。できればステルヴィオの1つ前から運びたいけど厳しいかなあ。
そのステルヴィオは前走久々で不利も受けつつ5着になだれこんできたあたり、やはり能力高い。さすがにあれだけ間隔あけば一発叩いた上積みも多少あるだろうし期待したい。ただ、この馬は間違いなく後ろからになるのでそれを最内枠の丸山元気がさばけるかというのは大きな課題。なんだかんだ前から行きたい馬いるし、馬場の渋り方次第では後ろからでも届きうるとは思うが。

グルーヴィットは積極的な印ではない。個人的には1200微妙な気がしているが、枠はいいし初のブリンカー着用。相変わらず追い切りは良いし、ただ出てきただけというよりは一発を狙いに来ている感じを受ける。最近は岩田も復調気配あるし、怖いから印入れたくらいの感じ。
ナックビーナス・モズスーパーフレアの2頭は正直厳しいと見ているが、展開次第で3着くらいは。さすがに2頭とも残るほどゆるいレースではないと思うので来るとしてもどっちかかな。うまく状態を運べた方が残るイメージ。調整過程はナックビーナスの方が好印象で、モズスーパーフレアはせっかく間隔あけたにも関わらず最終追いちょっとやりすぎでは?

最後に穴でクリノガウディー。これはめちゃくちゃおもしろい。もともと行きたがるところある馬だし1200は対応できる。前走も1400でそこそこの位置から運んでるし。その前走は前に壁作らなかったのが最後止まった敗因で、距離短縮にテン乗りとはいえ鞍上強化は心強い。道悪もこの馬としてはプラスだろうし、個人的にはマイルG1でも好走圏内の能力と見ている。あまり言及されていないが左回りも良い。ここは勝負できる。欲を言えば枠がもう少し内なら・・・とは思うが、外から行きたい馬いかせてその後ろにうまく収めさえすれば問題ない。


切った馬たちについて
グランアレグリア絶対にいらない。12:45現在だけどこれを1番人気に押す競馬ファンの心理が全くわからない。これこそ藤沢和雄厩舎の間隔あけたゆるゆるローテ良馬場専用機の典型例でしょ。実際詰めて使ったNHKマイルだって競馬になってない。阪神Cで馬群割ってきたあたり成長は見せたが、1200は初挑戦の立場でこれだけ不安点抱えてて1番人気なら買う意味がない。ここはさーっと適当にやっといてヴィクトリアマイルが本命っぽいけどな。
それから、モズアスコットをこんなに上位人気に押してる人たちも全く意味がわからない。ダートで強かっただけで芝とは全く関係ない。この馬自体中京1200は適性ある方かなあと思うけども、相手が強い中でこの枠では。元々ドンカスターマイル目指してたのを急遽こっちに切り替えたという点は気になるかもしれないが、個人的に調教見てる限りは引っかかるところなく。
ダイアトニックは切った上位人気馬の中ではあんまり自信のない切り。ぼくには1400-1600の馬に見えるんだよな。前走見てても一息ほしいタイプで1200は忙しそう。ダノンスマッシュの前に入ったらおもしろいけど、ダノンスマッシュの後ろに入ったらまず無理だと思っていて、今までのレースっぷりからぼくは後者と予想した。まあ、他に印つけまくってるしこの辺切るしかなかったんや。調教は抜群で短距離対応も出来そうな感じ。そっち派の意見を信じるべきな感じがとてもしている。

後は、最初アイラブテーラーを結構高評価してたんだけど、首を痛めたらしく(ソースがnetkeibaの掲示板のみなので真偽不明)直前追いが角馬場調整。これはさすがに気になる。調整過程が一番悪いのは間違いなくこの馬。その一点で切った。能力的には足りるラインにあるし、枠も悪いことはなく道悪もこなせて買うならここなのかなと思ってたんだけど。


レース始まるまでまだ2時間半あるので馬券はそれまでじっくり考える。馬場も見つつかな。

カテゴリ: 予想

テーマ: 中央競馬(JRA)予想 - ジャンル: ギャンブル

tb: 0   cm: 0