FC2ブログ
04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

2020根岸S・きさらぎ賞反省 

昨日完全に更新忘れてたの悲しいね。
毎日が続いてたものが途切れるってそういうこと。

まあ今日からも変わらず更新は続けます。



【根岸S】
無-○-無で決着。レベルはまあまあ高く、何回やっても同じような結果になってそうな感じがある。

モズアスコットが強すぎた。他の上位勢と比べても一番きつい競馬をしているはずなのに完勝。次走はダート慣れも見込めるし、そもそもスタートが芝。距離は1400ジャストだと思うけど、あの勝ちっぷり見てたら200m延長くらいは十分守備範囲内っぽい。
2着コパノキッキングは、ハナからフェブラリーSを見据えたって感じの騎乗ではなかった。スタートから無駄に外に膨れすぎだし、追い出しも若干早いし、何がやりたかったのかよくわからないが、それでも強い競馬で2着に持ってきたのは馬の能力。
3着スマートアヴァロンはモズアスコットと同じ競馬を一列後ろでやった。内容見てると東京マイルはこなせそうな感じあるけどね。

本命にしてたブルベアイリーデはちょっと期待外れ。能力を買いかぶりすぎたかな。今冷静になれば前から押し切れるってのは見当違いもいいところ。現状だと押し材料ないし、しばらく見るのが吉。


【きさらぎ賞】
×-▲-◎で決着。
正直スローすぎてなんの参考にもならないレースですよね。ある程度予想できたこととはいえ実際にこうなるとやっぱり寂しいものは寂しい。

コルテジアは3番手にいたから勝てただけ。道中は若干距離を気にした騎乗に見えたが、それ以外特段強調材料はなし。
2着ストーンリッジはシュタルケの騎乗が若干疑問。もうちょっと簡単にキレてくれると思ってたっぽい乗り方だったが、そこまで能力は無かったか。重い京都だとこれがこの馬の限界っぽい感じはあるし、軽い馬場ならまた全然違いそう。
3着アルジャンナは負けた原因だけ言えば完全に騎乗ミス以外の何物でもない。道中引っ張り倒して川田お得意の"教育"に専念したわけだけど、個人的にはやりすぎだと思っているので。上がり33.7は今の京都だとほぼ限界値でしょう。仕上げも緩めだったしこれ以上を馬に望むのはさすがに酷。もう世代限定戦の本番以外の川田は一生買わん。
とはいえ、4角下りは若干テンポ崩してた感じあったし、今後も京都だと疑問符がつく馬っぽい。重馬場はそんなに問題なさそうなので、あとは急坂がどうかか。

個人的に注目してたサトノゴールドは、ここまでゴールドシップっぽい馬が出るもんだなあって感じしかない。もっと距離伸びた方がいいのは明らかだし、能力はやっぱり高そう。もう10-20mもあれば余裕で4着だし、あんまり今回の結果で評価を下げるのは良くないっぽい感じ。引き続き注目が必要。


スポンサーサイト



カテゴリ: 回顧・反省

テーマ: 中央競馬 - ジャンル: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

2020シンザン記念・フェアリーS反省 

今さらかい!って感じですが、仕方ない。


【シンザン記念】
○-△-無で決着。
サンクテュエールはスタートやや立ち上がるところ見せるも、やはり最内枠も味方しての勝利。正直、プリンスリターンとは騎手が逆なら着順も逆だったと思うが、それも含めて競馬なので。
3着コルテジアはぼくもノーマークの好走だったけど、内で脚を溜められたのが功を奏したか。着差かなりついてしまったし重賞では相当相手関係に恵まれないと厳しいだろうが、1勝クラスなら勝ち負けそう。

ルーツドールは発汗量がすごい。スタートも全然ダメで道中のテンポもダメ。競馬が全く出来なかった。
これだけで切るのは早計で、次以降も能力出せる状態にあればまだわからない。


【フェアリーS】
△-無-○で決着。
スマイルカナがあそこまで楽に逃げられるとは予想が甘かった。
あの展開になるなら逃げ切りは納得で仕方なし。

2着チェーンオブラブは前走赤松賞の評価自体、シャインガーネットと差がなかった。
しかし現状中山というイメージも湧きづらく次かなと。思ってたよりも強かった。
最後3着争いはシャインガーネットをギリギリでポレンティアが差し切る格好。
ポレンティアはうまくクラシック路線に乗せてほしいところ。

アヌラーダプラは急坂で完全に脚が止まってしまった。初戦見た感じは平気かと思ってたが、そこそこタフな流れで本質出たか。
坂以前の伸び脚を見るに能力あるのはやはり間違いなさそうだが、桜花賞はこのままだと厳しいかなあ。

カテゴリ: 回顧・反省

tb: 0   cm: 0

2020/1/5,6のレース回顧 

適当に重賞と3歳戦を。


【1/5(土)】

・中山5R 3歳1勝クラス 芝2,000m

これでサトノフラッグが東京・中山と好タイムで2連勝。ただこの一連の流れを見るにコントレイル同様中山でパフォーマンスを落とした印象。かつ、コントレイルよりはさすがに能力が劣る。次走弥生賞は相手次第で、こけても毎日杯・京都新聞杯・青葉賞あたりからダービーにはなんとか乗せてきそうだが好走まではどうか。
2着アンサンブルは1勝クラスで順番待ちっぽい。スタート微妙だったので、2000ならある程度誤魔化せる中山の方が良さそう。ヴィクトワールピサ産駒だし。


・京都9R 福寿草特別(3歳1勝クラス) 芝2,000m

今年はレベル低い。本来はアメリカンシードが楽々勝ち切ってなきゃいけない展開なのにレクセランスが届いちゃってるのがまず意味わからん。3着ケヴィンは折り合えたら強そう。本当は高速マイラーだったりするかもしれないけど。
1番人気大敗のレッドフラヴィアも全く折り合いつかずに暴走。新馬の相手も弱いしさすがに過剰人気だった感。


・中山11R 中山金杯(G3) 芝2,000m

ブラックスピネルが11秒台後半を淡々と刻む緩みないペースで逃げる。それを早々に好位2番手につけたトリオンフが直線入ってかわし、そのまま後続を振り切って勝利。前走使った上積み大きく、トップハンデ58kgで勝ち切ったのは評価高い。道中の運び方見るに距離は伸びても大丈夫そう。1年以上ケガもあったし明け6歳でもまだまだ元気。
ウインイクシードは4角~直線で出し遅れた分差し切れず。ただ、ポジション取りもほぼアレしかなかっただろうし今回の並びではどうしようもなかった感。素直にトリオンフが強かった。

1番人気クレッシェンドラヴはスタートで競馬終了してるので度外視していい内容。能力的にはG2級あると見ている。
3番人気ザダルはもともと評価低く重賞級の能力ないと見ている。予想記事書いてないので軽く馬の評価を書いておくと、セントライト記念が最大のラッキー3着で改めて能力不足を露呈したと思っており、今回大外で買い要素はゼロ。昨年プリンシパル組のその後見ても、まあそんなもんだわなという感じでしょう。フィエールマンくらい強ければいざ知らず、大して強くないのに詰めて使えないのはつらい。
それよりもギベオンの負けは予想以上で原因不明。調教も年明けにしっかりやって動いていたが、3歳春に合わせにいったディープ産駒の限界か。そもそも急坂コース合ってない気もするけど。


・京都11R 京都金杯(G3) 芝2,000m

マルターズアポジーの逃げ。途中うまくラップを緩め前有利。
勝ったサウンドキアラは内枠から好スタートで先団につけ馬群で追走。直線入り口から早々に外のモズダディーが脱落したおかげで進路取りに全く苦労せず完勝。最後まで脚色鈍らなかったが、レース全体の内容としては平凡なG3レベルで特段評価するところはない。

2着に敗れたダイアトニックは内に入ったせいで4角仕掛け遅れたのが響いた。前有利の展開で勝ち馬が弱くない上に軽斤量では仕方ない敗戦。マイルは十分守備範囲内だし一呼吸入れて安田記念目指せばよいと思う。
5着ブレステイキングは初のマイルが若干忙しかったか。後方からになってしまったしスタートも若干ミスってたので次走もG3程度なら十分上位候補。
1番人気ながら17着大敗のカテドラルは難しいところ見せてたし賞金加算できなかったのは痛い。レース内容自体は度外視で良いが、ちょっとやり直したい感ある。

金杯全体で来年に向けて特筆したいこととして、今年のような特殊日程になったら年明けの追い切りは必須っぽい。
やっぱり追い切りから間隔があきすぎると走れない。


【1/6(日)】

・京都6R 3歳1勝クラス ダ1,800m

この時期の3歳ダート、真面目にレース見てる人じゃないと当たらんわなあという人気順。京都ダ1800と阪神ダ1800の成績ヒモづけちゃあかんわな・・・
レースレベル自体もこの時期の3歳ダート中距離1勝クラスらしく低め。ちゃんとした尺度を持ってないので、ハクアイウィンザーが弱いから勝ち切れなかったのか、ヴォルストの脚が良かったから勝ち切ったのかは分からんけど、どっちも大したことなさそう。
1番人気大敗のショウナンナデシコはまくってきたアポロアベリアにビビった?もともと逃げてたような馬だし、好走条件が限られそう。


・中山10R ジュニアカップ(L) 芝1,600m

さすがにサクセッションが能力違いすぎて完勝。
テンから結構流れたので能力からふるいにかけられちゃった馬が多数。基本6着以下はダメ。

2着ハーモニーマゼランは大野が馬のリズム大切にうまく乗った好騎乗感。戸崎・三浦の関東トップ騎手がいない中、ひょっとしてやれるのか大野・・・?3着サクラトゥジュールはもっと距離伸びてよい。急坂も向いてそう。
4着ゼンノジャスタは割と好きでずっと追ってるが、やっぱ大箱平坦向き。どこかで賞金加算してNHKマイル出てほしいなあ。5着ドゥーベは北村友一前が壁の伝統芸能。見た目以上に評価できそう。

カテゴリ: 回顧・反省

テーマ: 中央競馬 - ジャンル: ギャンブル

tb: 0   cm: 0