FC2ブログ
04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

水瀬いのり「ココロソマリ」/DIALOGUE+「DREAMY-LOGUE」 

ほんとに最近音楽をまともに聞いてなかったなって。
そのあたりも精神衛生に大きく影響してそうなので、ずっと聞かなきゃな~と思ってたこの2枚を聞きました。
テキトーに何曲か触れます。




1. ココロソマリ
作曲:櫻澤ヒカル 作詞:水瀬いのり 編曲:白戸佑輔









水瀬いのりのバラードはいつの時代も強い(この曲がバラードかと言われるとちょっと違う気もする)。
アニメ「ソマリと森の神様」のエンディングテーマですが、当該アニメは1話だけ見て最後つらくなりそうだったので切ってしまいました。
編曲白戸佑輔でこの感じだと、アイマイモコに近い?アイマイモコよりはバラード寄りってくらいかなあ。

CメロのHiEがライブで出るのか気になって夜も眠れません。ほんと、美味しい音がある曲はいっぱい持ってるのに、その音をハメらないのはライブで聞いててかなり下がるので。まあそのライブも開催されるかどうかすら分からないんですけどね~
作詞水瀬いのりなので詞を真剣に読むべきなんでしょうけど、CD買ってなくて歌詞カード手元にないし、現状そこまでやる余裕もないのでカット。詞を見てアニメを見たらまた見方が変わりそうな曲だ。


2. Well Wishing Word
作詞・作曲・編曲:栁舘周平





界隈では「WWW2」などと呼ばれプチ話題になっていた曲。
いわゆる「WWW」は5thシングルに収録されていた「Winter Wonder Wander」のこと。その曲と同じで栁舘周平さんが全てやっているので明らかに狙ってる。

雑に言えばまた今度会えるよ~って曲ですね。軽快なテンポと曲調でこういうこと歌う曲は若干珍しいような珍しくないような?
Cメロとか"Well"と"Bell"かけてんのかなと思うところがありますね。それ以外に散りばめられた"Word"からも、なんとなく結婚式が暗にイメージされてるような。そもそも恋愛の曲なのか友達の曲なのかもハッキリしませんが。

ほんとに久しぶりに水瀬いのりの声聞いたので、ああ歌い方が水瀬いのりだって感動しました。
やっぱり音楽には常に触れていたいなと再確認した今日この頃。






3. 大冒険をよろしく
作詞・作曲:田淵智也 編曲:堀江晶太








ここからはDIALOGUE+ちゃん。聞かなきゃな~と思ってたミニアルバムをようやく聞きました。
なんかあんまり堀江晶太って感じがしなかった。堀江晶太にブラスのイメージがない?激浅なのでテキトーなこと言ってます。

それでも、この王道を往くアイドルソングって感じはやっぱり好き。これでいい、いや、これがいいんだよって。
サビの「ファーソラシドレミファ↑」とか、最後の方のHiF連発とかめちゃくちゃしんどいと思うんですけど、よくこのキーで行こうってなったな。踊りながら歌えるんか・・・?テンポ早いからいけるやろ!って感じか?
-1するだけでだいぶ違ったと思うんだけど、まあ曲調のイメージ的にはEよりFっぽい気もする(調性にイメージがある人並感)。

サビのマイナーコード挟みつつ展開していく感じハイテンポな曲にはよく合いますよね。
コードなぞりつつ、F-E-Eb-D-Db-Cみたいなリードラインがどことなく浮かんでくる感じ、最the高。

2番以降遊んでいくのとかもいかにもなアイドルソングでいいですよね。
1番は無音だったサビ前が2番ではスラップ入ってたり、裏の音楽でもどんどん遊んでいこうってのが全面的に表れてて、ほんとに制作陣が楽しんで作っているんだろうなあってのが伝わってきます。
落ちサビ、BbmにいくところでDbの音をキーにしてCにつなぐのとかなるほどな~ってなりました。言われてみれば確かにってなりますね。

ってことでよろしく!


4. パジャマdeパーティー
作曲:田淵智也 作詞:三森すずこ 編曲:園田健太郎





なんか、すげえアニソンって感じしません?
いわゆる"アニソン"って曲調とはまたズレるんですけど、ジャズの雰囲気が入った跳ねるアニソンって概してこういう雰囲気があるんですよね。語彙力がなさすぎてわかってくれとしか言えないんだけど。
単純にジャズっぽいってだけじゃなくて、音作りとか曲の雰囲気がこんな感じなんだよな(何も伝わらない)。

サビの4分でキメを作る感じと、3拍子挟んでテンポ感変えてくる感じ。すげえ跳ねるアニソンって感じ。
一応ちゃんと注釈しておくと、跳ねるってシャッフルになってるって意味です。実際に人が飛び跳ねるわけじゃない(そういうリズムだってところから言葉自体は来てるだろうけど)。

ピアノが前面に出てくるこの編曲はやっぱかっこいいっすね。かっこいいピアノ、最高。
リステの伊藤翼から、自分の中のピアノに対する見方がまた一つ変わった気がしています。


5. ぼくらは素敵だ
作詞・作曲:田淵智也 編曲:広川恵一





"アイドルのアルバムの締めっぽい"ほんとにいい曲です。最後に「ララララ~」ってなるのとか、敢えて音程を大きく編集しないソロとか、ああそれだって感じ。ライブの最後に聞くと涙を流さずにはいられなくなるやつ。
聞いたらわかる。聞いてくれ。

ストリングスがかなり特徴的ですね。最初に聞いたときはミラチケっぽいなと思いました。
ストリングスをうまく生かして曲を作るのってやっぱり難しいんだろうなと思います。大きなパワーを持つのは間違いありませんが、こういう曲で感動的な弦をしっかり響かせるのは、簡単なようで難しいです。
間奏の調性どこいってるか一瞬分からなくなる感じのストリングス、確かによく聞くけど改めて「おおっ!」ってなりますね。採譜したらどっかのモードにいってるって分かりそうですけど時間が(ry
でもこれは割と真剣にやってみたい曲です。結局聞いてすぐにモードがわかるの、明らかなミクソリディアンくらいなのでさすがに貧弱すぎる。

Aメロやサビでaug挟むのとか、MONACAって感じだ。いや、広川恵一さんを意識して真剣に曲を聞いたことがなかったので、正直特徴を掴みかねているところではあるのですが。
いずれにせよ、普通っぽい流れの中でも細かな変化をつけていくのは共通する部分なのかなあと思っています。

他にも書ききれないくらいの感動ポイント、「それ!!!!!!!!!!」ポイントがあります。
アルバムを通しで聞いて最後にこれが流れるだけでも結構心に響くものがあります。ぜひアルバムを通して聞いてほしい。






時間が許せばどちらも全曲について書きたいくらいの名盤です。
ぜひ聞いてみてください。






スポンサーサイト



カテゴリ: 聞いてくれ

tb: 0   cm: 0

「1・2・3」を聞いてくれ。 





先月から新シリーズが始まったポケモンのアニメのOPです。
歌っているのはAfter the Rain(そらる×まふまふ)。歌い手出身のポケモンOP担当は把握している限りだと2例目でしょうか?
とにかく、偏見を持たずに一度聞いてほしい。

先に言っておくとぼく自身も歌い手に対しては若干偏見が拭えないと思います。
それって結局、一部の修正バリバリキャッキャウフフされたいイキリ歌い手のせいなんですよね。
当然ながら歌い手の中には真剣に取り組んでいる人もいるわけで、それを忘れてはいけません。


さて、曲の話に戻りましょう。
聞いてもらえればすぐわかるんですけど、個人的評価ポイントは以下の3つ※1です。
①とにかくキャッチーなメロディー。特にサビ。
②随所にみられる効果音などの工夫。
③どの世代にも刺さる歌詞。


①に関しては聞けば一発で頭に入ってくるサビのメロディーが印象的です。
ハ長調を選んでいるのも子供向けの印象を強めるとともに、誰にでも馴染みやすい印象もあって最適キーでしょう。
全体に目を通しても、イントロからとにかく奇をてらわず王道をひたすら突っ走るメロディーラインが美しいというほかありません。
国民的アニメのオープニングテーマだからこそ、これでいいんだというものがより求められているのではないでしょうか。


②は最初のゲームボーイ起動音、サビ前のモンスターボールの音、ラスサビ頭の初代戦闘BGMを意識したと思われるフレーズなど、刺さるところをキッチリ刺している感じがたまりません。
初代からの引用というのも、逆説的にポケモンアニメ新章を予感させます。
効果音以外にも、サビのハモを強調させた部分もデュエットならではという感じがありますし※2、Bメロでスッと3拍子で抜いてくるのも気持ちいいですよね。


そして最後に③の歌詞。
1番は直球に「新しい物語が始まるぞ~」的な雰囲気をしっかり出しつつ、2番~Cメロでは初代の頃ポケモンに熱中した今の大人たちに向けたとも思われるメッセージ性の強い歌詞。この構成にすることで、ラスサビを1番と同様の歌詞にすることに強い意味が出てきます。そこら辺の適当に繰り返してるだけの詩とは全く違うわけです。
このポケモンを愛する幅広い世代に向けた詞はダイレクトに分かりやすく、それでいで考え抜かれていることがよく分かります。

細かいところでも、1番Aメロの「たとえ火の中水の中」は言うまでもなくアニポケ最初のOPである『めざせポケモンマスター』からの引用ですし、サビの「3で仲間になろうよ」はポケモンを捕まえる際にボールが3回揺れることと掛かっているだろうフレーズです。その他、露骨に「ポケット」を出してくるのも個人的には好きです。
まふまふさん自身も小さい頃に初代~金銀あたりをプレイしているようで、その強いポケモンへの思いから生まれた歌詞であることは間違いありません。
何と言っても、ふだん歌詞をほとんど耳に入れない僕が最初に聞いた瞬間から「これは強い・・・!」と感じた歌詞ですから、それだけでぼくにはガン刺さりです※3


ぜひ聞いてみてください。
小さい頃ポケモンに熱中した君も、大人になってからポケモンを始めた君も。
-- 続きを読む --

カテゴリ: 聞いてくれ

テーマ: アニソン・キャラソン - ジャンル: 音楽

tb: 0   cm: 0

「宣誓センセーション」を聞いてくれ。 

曲名のキャッチーさがすごいですよね。





公式動画だとこれしかないんですけど、フルじゃなくても十分伝わると思います。この曲の良さ。
サムネにある通り2017年に発表された曲ですが、ぼくが真剣にRe:ステージ!に向き合ったのが今年の6月からなので、出会いもその時でした。正直、良曲揃いのリステ楽曲の中でもダントツだと思います。確か、作曲者の方もTwitterでこのシングルがなかなか超えられない的なツイートをしていたような気がしますし、概ね全体的な評価もそうなのではないでしょうか。

何が素晴らしいかと言われると色々あって難しいのですが、最初に述べたように曲名でまず一本取られた感がありますよね。
そして、曲名からも連想されるようなラップでの歌いだし。メロの歌詞にもところどころそういった面が見られる中、しっかりと等身大の中学生アイドルを描き切った素晴らしい歌詞。

また、サビのメロも秀逸です。アイドル楽曲のシングル表題曲のサビというのは、とにかく頭に残るキャッチーなメロディーが要求されるところだと思います。その点で「ドドドードシーラーシー」を2.5回繰り返すこのメロ。まあ1回聞けば頭に残るでしょう。まさにこういうのが求められるわけです。
4小節挟んで、2回目は頭に休符をつけた形でメロを繰り返し。これもまた素晴らしい工夫ですよね。拍頭に休符や溜めを効かせるのはやはりアイドル楽曲でよく用いられる手法ですが、大変効果的に用いられています。

さらに言うと、作編曲者の伊藤翼さんのクセなのか、リステ楽曲を通して意識しているのかは分かりませんが、アニソン作家の中ではかなりピアノを目立たせて使う方だなあと思っています※1。この「宣誓センセーション」はまさにそれが最大限に活きた曲でしょう。
例えば、ピアノの目立ったアニソンと言うと「ぼなぺてぃーと♡S」を真っ先に思い浮かべるわけですが※2、まさにあんな感じで服旋律としてピアノがいい役目をしています。この曲の場合は、そこにリードギターの掛け合いも上手に使われているわけですが。このピアノとギターの使い方・使い分けも本当に素晴らしいと言わざるを得ません。

もう褒めるところをあげたらキリがないのでこれくらいにしておきます。
Cメロもサビを意識したメロに、これまた泣かせコードの定番であるIV#m7-5系を合わせた入りで、「いや~~~~~そういうのがほしいんすよ!!!」って感じで本当に素晴らしいので、ぜひCDを購入してフルを聞いてください。※3

とにかく、今年出会ったアニソンたちの中でもダントツ一番の楽曲です。
そして、他のKiRaReの曲たちも素晴らしいものが本当に多い※4,5ですし、つい先日最終回を迎えたアニメも本当に素晴らしいものでした。掛け値なしに。
-- 続きを読む --

カテゴリ: 聞いてくれ

tb: 0   cm: 0