FC2ブログ
09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

売れるYoutuberの共通点を考える 

※予約投稿です




※この記事はYoutubeクソニワカの僕が書いています。間違った情報が多分に含まれる可能性があります。
また、好きなYoutuberがdisられていて気分を悪くされるかもしれませんので、そういう方はブラウザバックを推奨します。







みんなの憧れの職業、Youtuber。小学生がなりたい職業ランキングで上位に食い込んでいるなど、話題に欠きません。
一般的に社会の歯車として働くようなサラリーマンなどの人々に比べれば、「好きなことで生きていく」という側面が大きいのは事実でしょう。
でも、そんな簡単にいくものでしょうか?素人が夢だけを追い求めて動画を投稿し、それを職業とすることができるのでしょうか?

僕は答えは"No"だと思います。もちろん"素人"集団が大成功して大物になった例もありますが、全体としてそれはかなり少ない割合だと思います。

今Youtuberとして売れている方(チャンネル)は大きく3つに分けることができると思います。
一つ目は、何か一芸を持っている人。二つ目は、下積み期間のある人。最後に、Youtubeドリームを掴んだ人。最後の三つ目は上で述べた"素人"にあたると考えてください。

そもそも、職業としてのYoutuberを成功させるには、芸能人同様にその人自身に興味を持ってもらい、好きになってもらう・ファンになってもらうことが必要です。そのために、一芸を持っているというのは非常に強力な武器になります。
有名どころではHIKAKINが最たる例でしょう。彼はヒューマンビートボックスを長い間続けており、そこで爆発的なヒットをしたことから現在の地位を築くことができていると言っても過言ではありません。そういった意味では彼は下積み期間のある人にも該当しているでしょう。

なぜ一芸が必要なのか?ということですが、突然Youtubeを始めたところで動画は誰にも閲覧されません。チャンネル登録者などいないのですから当たり前ですね。
そんな中で再生してもらうためにはどうすればよいか?それは「誰かの検索に引っかかる」しかないわけです。
自分の一芸を動画にすることで、必ずそれを求める視聴者はその動画を見てくれます。それを繰り返すうちに、ある日突然爆発的なヒットを生むような動画が出現したりして、有名Youtuberへの道のりを進んでいくわけです。
そういう意味では、切り口(一芸)はなんであれ普遍的に人気のあるものを取り扱えるとよいかもしれません。HIKAKINもヒットのきっかけはマリオのヒューマンビートボックス動画が爆発的なヒットをしたことでした。

とにかく、これは誰もができるというわけではない代わりに、最も簡単にチャンネル登録者数を伸ばすことができる方法の一つです。
一芸から動画を見てもらう→次第に動画投稿者(チャンネル)自身に興味を持ってもらう→固定視聴者がつき、どんな動画も見てもらえるようになる
という流れさえ意識しておけば、職業Youtuberレベルになれるかは別としても、1年もあればある程度の数を確保することは容易でしょう。
Youtube LIveなんかも用いれば移行が比較的スムーズに進んでいくのではないでしょうか。


二つ目の下積み期間のある人ですが、これはイメージがつきやすいと思います。
長年やっていればそれだけ人の目に触れる機会も多くなりますから、良いものを作り続けていればじわりじわりと固定視聴者数も増えていくというわけです。
現在Youtuberとして活躍されている方の中には、昔からYoutubeに動画をあげ続けている人に限らず、ニコニコ動画・生放送出身の方でこれに該当する方が多いのではないでしょうか。あなたが見ているあのチャンネルも、実はニコニコ出身なんてことがあると思います。
他にも、長年やっていた個人ブログだったり、SNSから生まれたチャンネルなんかもあることでしょう。


最後にYoutubeドリームを掴んだ人です。これは、職業としての「Youtuber」が認知され始めてからそれを(心の奥底にでも)目指した方を主に指します。最もYoutubeで収益を得ること自体は、世間でYoutuberが騒がれるよりずっと前から出来たようですが、ここ5年くらいでの話とさせていただきます。
この人たちは本当に一握りでしょう。単純に面白いことをやっているだけで成功した(してしまった)チャンネルも決して多くはないにせよ数え切れないくらいにはあると思います。
あるいは、炎上を狙って認知度向上を狙うちょっと過激な手口もありますね。生活するためならなんだってありと考える層はやはり一定数いるものです。

もしこれを読んでいるあなたが真剣にYoutuberを職業にしたいと考えているならば、この道はハッキリ諦めた方がいいでしょう。
成功率が限りなくゼロに近いというのもそうですが、Youtube業界そのものの寡占化が進んでいるのが現状です。すなわち、トップの有名Youtuberばかりに注目が集まってしまい、新しいチャンネルはなかなか伸びにくくなっています。
特に、何か面白いことをやる"だけ"のグループ・チャンネルというのは明らかに飽和状態です。チャンネル登録者数10万人規模程度のチャンネルが、考えられるだいたい全てのネタをやりつくしていると言っても過言ではありません。
例えばYoutubeを中心に一時期「ハンドスピナー」が流行ったことがありましたが、この時にまず誰の動画を見ますか?
当然、有名Youtuberや自分が登録しているチャンネルの動画をまず見るでしょう。わざわざチャンネル登録者が3桁4桁の人の動画なんか見ませんし、そもそも埋もれてしまいます。

この道は最も"才能"が必要とされる道なのではないかと思います。ここまで読んで「それでも俺は出来る」とか、普段から「こいつらみんな同じことばっかやっててつまんねーな」とか思ってる人なんかはその素質があるんじゃないでしょうか。




そんな感じでざーっと書いてみました。やはりYoutuberを職業にするというのは非常に難しいことのように思います。
ただ、1人で事務所に属さず、毎日10分以上の動画を広告を何本かいれて投稿していれば、チャンネル登録者数は数十万もいれば十分独り立ちできる程度の収入は得られるようです。
もちろん、上位勢が10分切るようなおもしろい動画ばかりの中、10分を超える広告大量動画をあげ続けるチャンネルに数十万も登録してもらうということのハードルはなかなか高いですが、逆にその程度でもそこまでいけるというのは確かに夢がありますね。

始めるだけならスマホ1つあれば十分です。ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト



カテゴリ: 日記(リアルじゃないこと)

tb: 0   cm: 0