FC2ブログ
01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

これからの更新・勉強方針 

インフルエンザとかいうしょうもない病気にかかったり、そのまますぐ旅行に行ってしまったりしてなかなか勉強できなかったのですが(とんでもない言い訳)、ここでかいたようにディラック方程式のある程度の理解を目指して勉強していきたいと思います。

それで、まあぼくは大学入ってからやるような勉強でわかってる分野なんてないんですが、講義を適当に聞いてて一番面白いと思ってたのが熱力学・統計力学だったんでそのへんがモチベーション高いだろうということで勝手に統計力学から始めます。ちなみに熱力学は全部忘れましたし量子力学も1ミリくらいわかったかどうかって感じの知識量です。唯一ちょっとまともにやったかなという感じなのが力学・解析力学でこれはもう1回教科書読み直せばだいぶ思い出せると思いますが、現時点では相当忘れてると思います。
他に基礎的な物理の分野としては電磁気学があげられますが、これはおよそ2年前にベクトルポテンシャルすら理解できないまま終わったので実質高校レベルの知識で止まってるようなもんです。というかその高校レベルの知識すら怪しくなってきているのを最近感じています。まあ平行して砂川理論電磁気学も読みたいと思います。
突然すげ~重いやつから始めるなあって感じですが、自分のポテンシャル(笑)を信じて頑張ってみましょう。

それから、物理をやるには数学がある程度必要です。個人的に今この瞬間では実は数学の方がモチベが高かったりします。
数学の知識に関してもお粗末なもんで、1年でやるような基礎的な解析や線形代数すらほとんど忘れていると思います。たぶん固有値求めてくださいって言われても無理です。なんて情けない。2年以降でやるような基本的な集合位相・微分方程式・複素解析あたりに関してはほぼゼロです。
そんな感じで、とりあえず線形代数は取り急ぎやる必要がありそうなのでやりたいと思います。続いて集合位相ざーっと適当にやって複素解析かなあとか思ってますけど、まあ気分次第で変えるのが僕には合ってそうなのでそんな感じで。

それで、やはり毎日記録をつけていかないとやる気ってのは持続しないと思うので、出来る限り毎日勉強したことをブログに残していくと同時に、Studyplusでの継続的な勉強記録も今度こそ再開します。もうそれくらいじゃないとダメだと思うので。ちなみにStudyplusはツイッターアカウント連携でやっているのでもし興味あればそのあたりから探してください。
ブログへの記録の残し方についてですが、読む本ごとに1記事書いていきたいと思います。1日にいくつもの本を読むことも当然ありますが、その場合でも"1日1投稿"としたいので何日分かまとまって投稿されることもあるかもしれません。とりあえずこの方針でいきます。

最後に勉強の進め方ですが、高校までと大学からの自分の勉強方法を比べると、大学以降では「完璧な理解」を目指しすぎたかなあという印象です。やはり高校以前の特に数学に関しては卒業時点で完璧な理解をしていたと言ってもよいレベルにあったのに加えてしばらく新しいことを学ぶということをしていなかったので、大学に入ってからも最初から完璧な理解を目指してしまったのでしょう(なお、高校時点での完璧な理解というのは高校の教科書における理論的な説明ができる程度を指しており、もちろん全ての入試問題が解けるとか、あるいは極限に代表されるような厳密性を欠く部分もより高次のレベルで理解しているというわけではありません)。
以上を踏まえて、とにかく1周することをまず大目標にしたいと思います。わからなければわからないでスルーして、とにかく1周。理解は最悪2-3割程度でもよいのかなと思っていますが実際にどの水準まで持っていけるかはわかりません。そんな感じで勉強を進めていきたいと思っています。

少々話題になっているドラゴン堀江ではTAWASHIさんが1日12時間の勉強を続けており、「勉強できる才能があるのはすごいことだ」と番組内でも触れられておりました。まさにその通りだと思います。自分にはどうやらその才能はないようでこれは認めざるを得ないところです。
なので、"勉強できる才能のない人なりに"頑張れるところを見せたい、というのが今の素直な気持ちです。これは高校生のころから言っている通り、インターネット上に自分の通ってきた筋道を明確に残しておくというのは、それを見た誰かの役に立てばよいという気持ちから行っています。東大合格までは敷かれたレールの上を順調に進み続けたものの、大学に入って一気に落ちぶれてしまった人が、(あわよくば)勉強そしてその先の研究のレールへと復帰する様子が見せられたら素晴らしいんじゃないかなあって妄想を膨らませています。
もちろんそんなにうまくいくとは思ってませんが、少しでも現状が好転するよう努力してみたいです。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



カテゴリ: 大学の勉強

tb: 0   cm: 0