FC2ブログ
05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

2019鳴尾記念・安田記念予想 

【鳴尾記念】
◎ステイフーリッシュ
○メールドグラース
▲タニノフランケル
△ノーブルマーズ
△ブラックスピネル

舞台がより合ってそうな雰囲気あるステイフーリッシュを本命。メールドグラースは能力ありそうで、この2頭はもう1段上でもある程度やれるかなあというイメージ。タニノフランケルは少頭数で武豊の逃げが決まりそうな雰囲気を考えての単穴。
ノーブルマーズは休み明け基本よくないのでヒモ。ブラックスピネルは三浦皇成が武豊にうまく対抗できれば(無理)。
ギベオンは人気どころから切るなら個人的にはこれしかいない。ただ状態は良さそうなので来られちゃったらしょうがないの精神で。


【安田記念】
◎ダノンプレミアム
○アーモンドアイ
▲サングレーザー
△アエロリット
△ステルヴィオ
△フィアーノロマーノ
△インディチャンプ
△ロジクライ
☆ケイアイノーテック


今現在(当日朝9:45)でダノンプレミアム単が3.3倍。ならダノンプレミアムからいくでしょ。
そうじゃなくても、外枠からある程度いい位置をとって先行出来て、後は抜け出すだけ。そして抜け出しさえすれば簡単には垂れてこない。そもそも、ここまで7戦で底を見せたレースはないわけで、まだ上昇幅がありそうなのはかなり魅力。とんでもない怪物級の馬である可能性だってある。当然G1タイトル1つで許されるような馬ではないし、ここは間違いなく勝ちたいレース。安田記念にありがちなタフなペースにも対応できるだろうし状態も良さそう。何も問題はない。唯一負けるとすれば末脚の切れ味勝負になった時だろうが、アエロリットがある程度引っ張ってくれる可能性が高く、その展開にはならないでしょう。
アーモンドアイは対抗。もちろんとんでもなく強いのはだれもが認めるところで、高速馬場適性があるのは言うまでもない。ただ、海外遠征帰りで久々のマイル。マイルの忙しいタフな流れについていけるかもやや疑問符だし、ダノンプレミアムを負かせる位置につけられるかも怪しい。そもそもゲートだってちゃんと出られるかどうかはわからない。他とはレベルが違いすぎるだろうからなんだかんだ馬券内に突っ込んでくる可能性は高いと見ていてこの位置だけど、勝ち切る可能性はダノンプレミアムよりよっぽど低そう。
3番手にサングレーザー。去年の秋天2着を見れば今回予想されるようなレースへの適性は十分。アーモンドアイの次にキレる脚を使えそうなのはコイツ。単純にそれだけ。ちなみに鞍上はめちゃくちゃ不安で、最近乗れてるなあって思ったところ見たことない。
以下、アエロリットは前から残れそうな馬でヒモ1番手も、やはり前走の反動と追い切り過程は心配材料。ただこれもここを勝ちたいのは間違いなくて、最近G1で惜しい競馬が続く戸崎騎乗だけに一発怖さはある。ステルヴィオは状態が戻って4枠8番もある程度なんでもできる好枠。2歳時に埋められなかったダノンプレミアムとの差がどこまで埋まったか。あるいは離されたのか。フィアーノロマーノはよくわからんけど押さえとけ!wみたいな感じ。まあ前走の内容は純粋に評価していいし、南半球産だから実質4歳秋。一番充実してそうな時期でしょ。
インディチャンプは使える脚が短く、さらに前走太目残りとは言えG1レベルで馬券争いできるほどの能力とは言えないところが見えてしまったのかなあという印象。ただ2走前の東京新聞杯のパフォーマンスだけ見ておけば印象は良く、この馬がソラを使えるほど相手が弱くないのも逆にいいかもしれない。最後のヒモにロジクライ。大外からダノンプレミアムの一列前を想定。高速馬場適性もあり、前から残れそうなのをもう1頭選ぶとしたらこれかなあ。これが5,6枠くらいだったらもう少し印重くしてもよかったと思う。そして大穴でケイアイノーテック。いつかどこかでハマってもよく、最内を引いた今回はそのハマるタイミングかもしれないということで。

切った馬について人気どころは軽く触れておくと、モズアスコットはフレグモーネで一頓挫あったのがイヤ。状態はいいらしく調教もめちゃくちゃ動いているが、おそらく京王杯SCを使えなかったので動かさざるを得ないんだと思う。そしてなんと言っても坂井瑠星。あまりに荷が重い。ペルシアンナイトも状態は過去最高の出来らしいけど、調教師のそんな言葉は鵜呑みにしてはいけない。そもそもマイルCSの方が安田記念よりも合ってるタイプなので安田記念で狙ってはいけない。日本競馬の常識。それから、スマートオーディンは単純に弱い。前走の時も軽く触れたけど、エントシャイデンと大して差はないと思ってるので。


ということでね、2強対決を現地に見に行きたいと思います。

スポンサーサイト



カテゴリ: 2019

テーマ: 中央競馬(JRA)予想 - ジャンル: ギャンブル

tb: 0   cm: 0