FC2ブログ
05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

2019宝塚記念予想 

春のG1もいよいよ終わり。頭数少ないながらも役者はそこそこ揃った感。4歳馬がエタリオウのみなのは寂しいが・・・
帝王賞も相次ぐ回避でメンバー薄まり気味で微妙に低まってるし、ここでしっかり的中していきたいところ。

【宝塚記念】
◎レイデオロ
○キセキ
▲アルアイン
△リスグラシュー
△スティッフェリオ
△クリンチャー
☆マカヒキ


本命に推すのは去年の暮れのグランプリと同じくレイデオロ。昨年秋天を制しJCには出なかったものの雨の有馬で2着と再び好走。小回りでタフな馬場も十分こなすことが出来て実力も高く、ここで疑う余地はないでしょう。いや、海外帰りは心配材料なんですが、なんだかんだ国内では大崩れがないし成績そのものも度外視でいい。どこかで足をすくわれる可能性はあるが、3着は外さないんじゃないでしょうか。
対抗にはキセキ。大阪杯でも高いパフォーマンスを見せ実力が健在であるところを見せてくれました。こちらは大跳びで明らかに小回り向きではありませんが、それでも能力の絶対値を考えればこの位置に持ってくるのは自然と言えば自然。去年の有馬記念は王道を突っ走った疲労も多少考慮できるし、春2戦目である今回はいい意味で余裕を持てるはず。久しぶりのG1タイトルがここになっても不思議ないです。
単穴にアルアイン。5歳になって大阪杯制覇、調教で坂路自己ベストを大きく更新するなどさらなる本格化の雰囲気を見せる、他のディープインパクト産駒とは一線を画す存在。確かに大阪杯は展開利があったのは否めないが、少頭数で4枠4番の好枠に入った今回はその再現あっていいと思います。おそらくキセキの後ろ(さらにその後ろにレイデオロ?)のような隊列になるでしょうから、展開や状態などの助けによって勝ち切りまで十分考えていい1頭です。唯一の問題点は大阪杯勝ったせいで渋いオッズの中買うようなタイプの馬ではないってところでしょうか。

ヒモ1頭目にリスグラシュー。宝塚記念で注目されがちな牝馬から唯一の出走で能力の高さはこちらも疑うところがないでしょう。ただ、どうしても勝ち目に遅いところは気になり、今回も最後は枠の差が響いて勝ち切りまではどうかと思います。宝塚記念は過去10年で6頭が8枠から勝利しているらしいので、そういう意味のないデータによって人気することを期待します。
2頭目にスティッフェリオ。G1初制覇があるなら個人的にはこれかなあと思います。タフな流れを勝利した福島記念の内容が評価でき、その後小倉大賞典を連勝しているところからも、すべて噛み合えば実力が足りる位置にはあるのではないでしょうか。前走大阪杯も勝ち馬から0.5差の7着、昨年の札幌記念も勝ち馬から0.4差の5着ですし。それこそ、こちらが逃げ馬の後ろなんかに入れるようなことがあれば、一発あっていいと思います。まだ5歳のステゴ産駒で成長力も十分でしょうし、母方から欧州系の血を持ってきているのもこのレースでは強みになるでしょう。
クリンチャーはいつ状態が戻ってくるかよくわからないので、(戻らないとしても)戻ってくるまでこういう適性の向きそうなレースでは買います。非根幹距離にタフな馬場、しかも2200mでは3歳時にキセキも出走していたすみれSをぶっちぎり勝利、4歳時にも重馬場京都記念を勝利しており、なんか一発ありそうな感じがいかにもしています(もし凱旋門なんかに出さずに順調に国内を使っていれば上位人気していたでしょう)。
マカヒキは色々抜きにして前走好メンバーの大阪杯を4着。もはや東京2000,2400みたいな感じではないんだから、一発あるならこういう舞台。それだけでとりあえず押さえる。


次は切った馬のおはなし。
エタリオウは前走4着が全てを物語ってるんじゃないでしょうか。結局気性難が響き過ぎちゃうパターン。この春は勝利のためにいろいろ頑張って試してきたが、結局勝ち切れず。ノリへの乗り替わりも個人的にはマイナス。まーた後方で取り残されて無駄に体力使って終わる絵が容易に想像できる。まあそういうどこか一歩足りない馬が勝つのが宝塚記念という側面もあるので、今回は完全に買うか消すかの二択みたいなタイプじゃないですか?というのがぼくの見解です。
スワーヴリチャードは去年の大阪杯1着くらいで人気してくれるならどうぞどうぞ。ただでさえ右回りがいまだにイヤなのに加えて、明らかに合わない小回り阪神。大阪杯と宝塚記念は全く異なるレースになることはあまりにも有名な上に、昨年大阪杯の勝ち方はあまりにも特殊で再現性ナシ。しかもドバイ帰り。買い要素がない。激走して4着でしょう。
最後ノーブルマーズくらいまで触れておくと、これも昨年3着が全てハマった上での3着。加えて去年に比べると圧倒的なメンバーレベルの高さ。元々休み明けは全く走らない馬なので前走は度外視でよいが、外目の枠を引いた今回は完全に不要。



ということで馬券的妙味なんかも考えながらバスの道中でいろいろ考えたいと思います。
スポンサーサイト



カテゴリ: 2019

テーマ: 中央競馬(JRA)予想 - ジャンル: ギャンブル

tb: 0   cm: 0