FC2ブログ
01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

2020根岸S・きさらぎ賞反省 

昨日完全に更新忘れてたの悲しいね。
毎日が続いてたものが途切れるってそういうこと。

まあ今日からも変わらず更新は続けます。



【根岸S】
無-○-無で決着。レベルはまあまあ高く、何回やっても同じような結果になってそうな感じがある。

モズアスコットが強すぎた。他の上位勢と比べても一番きつい競馬をしているはずなのに完勝。次走はダート慣れも見込めるし、そもそもスタートが芝。距離は1400ジャストだと思うけど、あの勝ちっぷり見てたら200m延長くらいは十分守備範囲内っぽい。
2着コパノキッキングは、ハナからフェブラリーSを見据えたって感じの騎乗ではなかった。スタートから無駄に外に膨れすぎだし、追い出しも若干早いし、何がやりたかったのかよくわからないが、それでも強い競馬で2着に持ってきたのは馬の能力。
3着スマートアヴァロンはモズアスコットと同じ競馬を一列後ろでやった。内容見てると東京マイルはこなせそうな感じあるけどね。

本命にしてたブルベアイリーデはちょっと期待外れ。能力を買いかぶりすぎたかな。今冷静になれば前から押し切れるってのは見当違いもいいところ。現状だと押し材料ないし、しばらく見るのが吉。


【きさらぎ賞】
×-▲-◎で決着。
正直スローすぎてなんの参考にもならないレースですよね。ある程度予想できたこととはいえ実際にこうなるとやっぱり寂しいものは寂しい。

コルテジアは3番手にいたから勝てただけ。道中は若干距離を気にした騎乗に見えたが、それ以外特段強調材料はなし。
2着ストーンリッジはシュタルケの騎乗が若干疑問。もうちょっと簡単にキレてくれると思ってたっぽい乗り方だったが、そこまで能力は無かったか。重い京都だとこれがこの馬の限界っぽい感じはあるし、軽い馬場ならまた全然違いそう。
3着アルジャンナは負けた原因だけ言えば完全に騎乗ミス以外の何物でもない。道中引っ張り倒して川田お得意の"教育"に専念したわけだけど、個人的にはやりすぎだと思っているので。上がり33.7は今の京都だとほぼ限界値でしょう。仕上げも緩めだったしこれ以上を馬に望むのはさすがに酷。もう世代限定戦の本番以外の川田は一生買わん。
とはいえ、4角下りは若干テンポ崩してた感じあったし、今後も京都だと疑問符がつく馬っぽい。重馬場はそんなに問題なさそうなので、あとは急坂がどうかか。

個人的に注目してたサトノゴールドは、ここまでゴールドシップっぽい馬が出るもんだなあって感じしかない。もっと距離伸びた方がいいのは明らかだし、能力はやっぱり高そう。もう10-20mもあれば余裕で4着だし、あんまり今回の結果で評価を下げるのは良くないっぽい感じ。引き続き注目が必要。


スポンサーサイト



カテゴリ: 回顧・反省

テーマ: 中央競馬 - ジャンル: ギャンブル

tb: 0   cm: 0