FC2ブログ
03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

2020大阪杯予想 

【大阪杯】
◎ラッキーライラック
○ワグネリアン
▲ダノンキングリー
△クロノジェネシス
△ブラストワンピース


正直印上位3頭のトリプル本命みたいな形。
その中でもラッキーライラックを本命にしたのは、隊列としていきたい馬の後ろ好位グループで一番内前にいる読み。スッと馬群割って脚伸ばしつつ、後方からくる馬がいれば十分伸びてくるだけの能力はある。仮にそのポジションがとれずワグネリアンの後ろとか外になってもキレる脚はあるわけだし、よっぽど大きく詰まらない限りは大敗することはないんじゃないの。もちろん脳裏にはエリ女の強烈な末脚があって、それをスミヨンじゃなくデムーロで引き出せるかというのはかなり大きな問題だが、まあそうならなくてもある程度は走れるでしょ。ただ乗るだけだったら難しい馬じゃない。
対抗のワグネリアンはラッキーライラックの前に入れば最有力。昨年は内つける恩恵あったとはいえ馬場としては今年の方が圧倒的に向くはず。秋見ててもこのメンバー相手に全く劣らないし、内前有利高速馬場としては最高の枠を引いて流れが来てる。まあ福永捌けますか問題は常にあるけど、頭数少ないしどうせ早めから動き出さなきゃいけないコース形態なので、3角から1つ外に持ち出すことを祈るしかない。一生福永を買いませんというならともかく、重賞毎に馬券買うような人からしたらやっぱり買いどころは見つけないといけないので。
3番手にダノンキングリー。単純な能力だけでいったらこれっぽいと思うが、結局先にあげた2頭より外の枠なので3番手。あとは関西輸送を気にしすぎてるのか、調教を水曜にやったあと木曜にすぐ輸送したのが悪い方向に出ている可能性もあるのでそのあたりを心配して。ゆーて毎日王冠・中山記念だけ走れば十分G1で通用するし、他の前哨戦ダノンとはちょっと違うタイプだと思う。皐月賞3着、ダービー2着の実績もあるわけで。馬場状態もこの馬には絶好だし、G1とるならここ。

以下はちょっと評価離れる。
クロノジェネシスは4番手に置いたが、正直ここで評価離した理由は大外枠以外にあまりない。調教相変わらず抜群だし、ぼくは高速馬場適性に何の問題もないと見ている。阪神2000の舞台も問題ない。急坂を気にする声が一部あったが、桜花賞であがり32.9使ってるし、重馬場も問題なくこなしていて今年に入って馬体も増えているし大きなマイナス要素にはならないんじゃないかな。ただ、それでも評価が離れた4番手になるほど大外枠は致命的だと思う。
最後にブラストワンピース。これは高速馬場適性皆無。だけど、印つけなかった馬に比べたら能力差は圧倒的。しかも有力馬で最も内枠。そもそも3F,4Fの瞬発力勝負をするわけじゃないので、持続力勝負だったらまだワンチャンは生まれそう。それにしたって器用な馬ではないのでうまく立ち回れる可能性は低いが、札幌記念のように内を活かして奇跡的に進路が開けさえすれば勝って不思議ないだけの能力はあるし、切るには至らなかった。


切った馬はどれもG1級の能力から劣るし、一発入る余地もないと見た。いろいろ理由あるけど割愛。
ただロードマイウェイが6番人気になるのはちょっとわからない。いろいろ過大評価されすぎでは。無観客だしとりあえず武豊~って層もいつもより少ないだろうし。それならまだカデナ買いたいんだけど。


オッズまだまだ動くだろうし上位5頭で最終的にどれがどう売れるか読めないので、その辺見つつ馬券は決める。
スポンサーサイト



カテゴリ: 予想

テーマ: 中央競馬(JRA)予想 - ジャンル: ギャンブル

tb: 0   cm: 0