FC2ブログ
03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

2020桜花賞予想+参考レース確認 

ここでのコメントは雨考慮しつつ、印ではそこまで重くならないだろう読み。
追記で下に印順次更新。

【桜花賞】
◎レシステンシア
○マルターズディオサ
▲マジックキャッスル
△リアアメリア
△デアリングタクト
△サンクテュエール
×クラヴァシュドール
×スマイルカナ
(注ミヤマザクラ)


本命はとりあえずレシステンシア。好スタート切れる馬なので内に越したことはないだろうが、テンが速いので外枠があまり気になるタイプでもない。阪神JFと同じだけ走れば勝てるのでその状況にあるかどうかだけ。調教一気に動かしてきて、それが吉とでるか凶とでるか。ともかく、あのパフォーマンスを見せた馬が3-4倍で買えるんだったら買いたいところ。雨も味方はしないが、大きな敵とはならないと見た。坂路を49.5で駆け上がれるんだからある程度のパワーはある。

2番手にマルターズディオサ。チューリップ賞勝ち馬が桜花賞本番では来ないというのもよく言われた話だが、しかし安定感が高いのもまた事実。チューリップ賞の勝ち方自体も結構強いし、別に大きな上積みはいらない。それでいて1週前はしっかり6F追われて最終追いも軽くしまい12.2をマーク。連軸という意味での信頼度は高そう。
ほぼ2番手タイの3番手でマジックキャッスル。ファンタジーSはやっぱりマイルの方が向きそうかなという走りで、前走クイーンCはフォーリーの信じられないレベルでのクソ騎乗。特に前走は勝ってたはずの内容の濃さ。関東馬ってだけで若干の割引だが、人気の盲点になっている感じあるしここから狙う馬券も考えたい。後方から一気に追い込んでくるのはこの馬じゃないかと思っている。

4番手にデアリングタクト。正直どこまで強いか測り切れなかった。勝負になるライン上にはいると思うが、2番人気4.5倍で買えるかと言われるとぼくは積極的には買えない。なので、あまり煙の立たないヒモ1番手あたりにとりあえず置いてみた。ハッキリ言えば予想の放棄。
5番手にサンクテュエールだが、これは正直そんなに評価してない。シンザン記念はプリンスリターン相手に手こずったわけで、朝日杯4-5着くらいのパフォーマンスと思えば勝負圏内かな~くらいの評価。関東馬だしその辺も割り引きつつ、ルメール補正でこれくらいの位置。勝つとは思ってない。
6番手でリアアメリア。超早熟血統の通りで正直昨年からあまり能力的に成長している印象を受けない。とはいえ、もともと高いレベルの馬だし前走厳しいペースを経験したことによる精神的成長というのは見込んでいい。間隔空くのも間違いなくいいし、そういうのが全て噛み合った時に好走の筋はあるが、重馬場はよくないだろうなあ。

三連系なら、くらいの評価でクラヴァシュドール。やっぱり毎回マルターズディオサに競り負けてるのが気になる。正直サリオスの2着でもっと評価してたんだけど。それでも重馬場は味方しそうだし、馬場状態次第では評価あげる必要もある。
同様の評価だが重馬場はダメっぽいのがスマイルカナ。前走はクソ騎乗ofクソ騎乗で度外視出来る。能力は十分足りてそうだが、同型で強いレシステンシアがいるのが問題。そのあたり加味して三連単3着くらいでは買ってもいいかなという程度。

最後に道悪で注意したいのはミヤマザクラ。オークス向きで桜花賞ではバッサリ切るつもりだったが、道悪になれば話は別。きょうだいの名前見ればすぐにわかることで、究極の時計勝負みたいにならなければマイルでも好走できるかもしれない。


馬券は最後まで考え抜くので省略。以下はここまでのレースに対する所感。






本当は各レース各馬もっと細かく確認してますが、ここでもざっとどういう見解を持っているかご紹介。
あまり遡りすぎてもキリがないので阪神JF以降で。

なお今週はまだ暇があったので出来ましたが、たぶん来週からは無理。
どちらにせよ桜花賞の方が面白みありそうで、皐月賞は人気上位組が素直に強いと思っているので個人的には好都合?





・2019/12/8 阪神JF(G1) 阪神・芝1600m(外)
レシステンシアが強すぎ。逃げて上がり最速をマークして、当然馬場差などあるが同年グランアレグリアがマークした桜花賞レコードタイの、もちろん2歳レコード。
2着マルターズディオサはこれを見ると相手なりに走りそうなタイプ。一貫してあまり評価されていないが、ぼくは前からサフラン賞のレベルの高さを指摘しています(ドヤ顔)。
3着クラヴァシュドールは若干物足りない内容。初のG1でテンの2F12.2-10.5をマークするペースにやや戸惑ったか。末がめちゃくちゃキレる馬ではない(一流でやれるくらいはあるが)し、ポジション取れなかったのはやはり痛そう。
4着ウーマンズハートはこれも戦前から予想していた通り急坂でパタリ。それ以前に直線向いてレシステンシアの内を狙おうとしたところで全く反応できず、やはり長い直線で長く脚を使えるタイプ。瞬間的なギアチェンジをする馬ではないし桜花賞よりオークス向き。
5着ヤマカツマーメイドは隊列固める時にウーマンズハートに前に入られたのがちょっと痛かったか。あとはこの馬が一番急坂で脚色鈍った感。
1倍台におされながらも6着に敗れたリアアメリアはこれまでの川田のクソ教育の通りに走っただけ。川田自身4角の馬の加速についていけてなさそうだったし、全部川田が悪い。せっかくの早熟馬を川田に潰されるノーザンがかわいそうなほど。


・2020/1/12 シンザン記念(G3) 京都・芝1600m(外)
サンクテュエールが勝利したものの、2着プリンスリターンとは騎手が逆なら結果も逆かなあという印象。そのプリンスリターンもG1級かと言われれば疑問符だし、サンクテュエール自身もアルテミスS勝ち切れてないことから能力には疑問符つく。
重賞2走はどちらもスタート悪い中で二の脚だけで番手~好位をとっており、本番は両隣が速いこともあってそのあたりも考慮する必要がある。


・2020/1/13 フェアリーS(G3) 中山・芝1600m(外)
勝ったスマイルカナは柴田大知の逃げはこんなにうまかったのかと驚かされるほど完璧。ただ2歳とはいえG1を上がり最速で逃げ切ったレシステンシアとはまだ天地の差。メンバーが低調で先行勢にまともな馬がいないから決まっただけだが時計はそこそこ良い。
2着チェーンオブラブはハーツクライらしく成長待ちと見ている。コース自体も大箱向きっぽく、阪神外回りでさらにパフォーマンスが上がると見ていたが・・・。


・2020/1/18 紅梅S(L) 京都・芝1400m(外)
勝ったヒルノマリブだけど、正直見どころあるレースではなかった。1400とは思えないスローで前から運んで、開いた内を突いただけ。弱くはないがこの時点では二流感。


・2020/2/8 エルフィンS(L) 京都・芝1600m(外)
王道路線を今まで使っておらず一番話題になっているのが、ここを勝ったデアリングタクト
確かに勝ち方は鮮烈で印象に残るが、2着以下は特に強い馬もいない(阪神芝1400は別競技)し、時計も特筆するほどではない。過剰人気しそうだし個人的にはリアアメリアと同じようなポジションに置きたく、あとは当日の気配等で最後しぼりたい。


・2020/2/15 クイーンC(G3) 東京・芝1600m
勝ったミヤマザクラは正直回ってきただけでやっぱり本質的にマイルは短い。悪い方に出なければよいが引き続きオークスで狙いたい。
2着マジックキャッスルは逆に強すぎる。フォーリーが全ての足かせとなっての2着。スタートからコーナーワークまで全てダメダメだったのに馬の能力だけでここまで走ってしまった。あれだけ外回しといて上がり3F33.4は驚異的だし、急坂もサフラン賞見る限り全く問題ない。桜花賞でも昨年のシゲルピンクダイヤのように後方から追い込んでくるイメージがつく。


・2020/3/7 チューリップ賞(G2) 阪神・芝1600m(外)
マルターズディオサはかなり強い勝ち方。外外回らされてしまい衰えず。特に並んでからの根性は阪神JFの時からすごい。
それを考えると2着クラヴァシュドールは前哨戦の中内田厩舎かつ、道中ほぼ完璧に運んだのに最後競り負けたのはうーん。
3着レシステンシアはいかにも前哨戦競馬。ダイワスカーレットのチューリップ賞みたいなもんじゃないの。
6着ウーマンズハートはやっぱり坂ダメ。オークス向き。同じことを再確認。
7着スマイルカナはとんでもないクソ騎乗で度外視。レシステンシアと同じく前哨戦競馬と思えばよく、本番ではまた見直しあっていい。
9着チェーンオブラブは距離短い&急坂ダメ。典型的なハーツクライ産駒のイメージで、本格化はもうちょっと先っぽい。春クラシックで狙うならオークス。


・2020/3/15 フィリーズレビュー(G2) 阪神・芝1400m(内)
1着エーポスは岩田らしい好騎乗。いかにもフィリーズレビューの勝ち馬っぽいタイプで本番不要。
2着ヤマカツマーメイドは完全に勝ちパターンの競馬だったがやはり急坂失速が気になる。能力はこの中ではこれが一番か。
3着ナイントゥファイブはすべてが一枚足りなかった感。さすがにこの戦績でこれだと本番ではいらない。
8着ケープコッドは1200までの馬っぽい。桜花賞のあと葵Sに行くとなればまた見直し必要。


・2020/3/15 アネモネS(L) 中山・芝1600m(外)
1着インターミッションはすべてがうまく行きすぎた勝利。レベル自体もフェアリーSよりやや低いくらいでさすがに本番ではいらない。
2着フィオリキアリは結構おもしろい存在。ただ、さすがに道中ついていけなさすぎるし、相手が弱いから最後届いたという見方かな。かなり戦績積んでる馬だし関東馬で桜花賞好走するほどのポテンシャルはなさそう。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



カテゴリ: 予想

テーマ: 競馬【各種分析】 - ジャンル: ギャンブル

tb: 0   cm: 0