FC2ブログ
04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

2020日本ダービー予想 

【日本ダービー】
◎コントレイル
○ダーリントンホール
▲ビターエンダー
△サリオス
△サトノフラッグ
△アルジャンナ
×ガロアクリーク
×サトノインプレッサ
☆コルテジア



本命はコントレイル。正直死角を全くと言ってよいほど見つけられなかった。
調教バツグンで前走の反動等は見受けられず。普通に考えて一度叩いた上積みの方があるのではないか。当たり前だが陣営はここをメイチに仕上げてくるので。
やはり東スポ杯2歳Sのパフォーマンスが圧巻で、昨年のサートゥルナーリアと異なるのは東京に圧倒的な実績がある部分だろう。そういう意味で昨年よりも信頼度が高い。この頭を揺るがすことは難しい。将来的には2400が不安なのかもしれないが、世代限定戦であれば全く問題ないだろう。そもそも朝日杯ではなく東スポ杯→ホープフルの路線を2歳から歩んでいる時点で、完全にここを見据えているわけで。そういう理由で嫌っても仕方ないのだと思う。
極めつけは皐月賞のパフォーマンス。後方から大外を一気にまくって直線でも最後はサリオスを置いていく末脚。展開など関係ないと言わんばかりの圧倒的なものだったし、着差以上の強さを感じた。
仮にサートゥルナーリアのように実は東京より中山向きだったとしよう。そうだとしても、3着以下とは圧倒的な実力差が間違いなく存在し、東京1800を2歳秋で1:44.5で走れるレベルの適性もある。逆転は考えられるだろうか?言うまでもない。


2番手にダーリントンホール。変わらず共同通信杯組は評価しており、この馬の皐月賞はスタートで完全に終了してしまった。それでいて小回りコーナーもあまり器用に回れていないように見えたし、間違いなく東京に戻ってパフォーマンスを上げてくるだろう。元々スタートに大きな難を抱えるような馬ではないので前づけする可能性は十分高い。そうなれば共同通信杯同様粘り強い競馬を見せてくれるに違いない。出遅れさえなければ間違いなく好走してくると見ている。

3番手にビターエンダー。同じく共同通信杯組。元々皐月賞は余裕残しの仕上げに映っており、当初からここ1本を狙い撃ちしていたものと思う。プリンシパルを使うことになってしまったわけだが、個人的な妄想として最初からそのプランが頭にあったのではないか。前から先頭に立って粘る展開になった共同通信杯とプリンシパルSはどちらもかなり強く、その展開にさえ持ち込めればチャンスあってよい。東京の2レースでそのような競馬が出来ており、皐月賞は仕上がっていなかったと思えば今回さらに上昇ある可能性は十分ある。

4番手にサリオス。まあこの位置に置きながらも皐月賞のパフォーマンスは上位2頭が抜けていた。逆転はないのではないかと思わされるほどに。しかし、この馬こそ圧倒的に東京2400より中山2000というタイプだろう。世代限定戦で2400は十分こなせる範囲内だと思うが、それにしたってこのコース替わりでコントレイルを逆転するのはまず考えづらい。
そうなればコントレイルが圧倒的な一強となり、サリオスが若干下がってきたところを逆転する馬を2頭探してみたということでこの位置に落ち着く。なんだかんだ言って強いのは間違いないわけで、2番人気になるのはそれはそうしか言えない。
とはいえこの馬は不安材料があり、調教では1週前・最終と2週連続で遅れ。しかも最終追いは4Fからしか時計が出せず、関東馬で輸送がないのにこの軽さというのはますます不安である。
御託を並べてみたものの、結局この馬が2番目に強いことに変わりはない。結局そういう馬は来ちゃうもん。


以下さすがにちょっと評価があく。
5番手にサトノフラッグ。これはマジでめちゃくちゃ迷った。週中は対抗に置こうと思っていたし、数時間前までは消そうとしてた。やっぱり15番を引いたのは自由に動けるという点ではいいものの、良くて中団くらいになりそうなこの馬にとってはもう少し内が良かったのかなあという印象。理想的にはコントレイルの外か後ろでコントレイルより先に動き出しつつブロックする形なのかなあ。それでも、先に動いちゃったら負けるよなあ。など、とにかく難しくなったなと。
それでも、皐月賞は最後完全に追うのをやめてしまってダメージを残さないルメール流の騎乗。それでいて5着までは来ているのは及第点でしょう。ちゃんと追ってたら少なくとも4着ではあったと見ている(もちろん勝ち負けに参加していたとは思わないが)。
その中で、前回は調教をやりすぎたことを1つ敗因の可能性をあげていて、今回は中間軽めの最終追いだけしっかり。相変わらず調教はバツグンに動く馬で、マーフィーがあそこまで未勝利で絶賛していた馬をここでバサッと切るのはおかしいかなと。東京コースに実績もあるし、悪くないはず。巻き返す可能性はあると見た。


6番手にアルジャンナ。能力はあるはずで、前哨戦はどれも前哨戦競馬に泣いてるイメージ。ゆーて東スポ杯見たらコントレイルの逆転は全く考えられないが、それでも最も可能性ある枠を引いた。調教でウッド使わず坂路オンリーに変わったのがかなり気がかりだが、昨年ダービーを勝った男を鞍上に迎えて一発入れられるだけの能力は持っているだろう。
7番手にガロアクリーク。スプリングS見てつええwwwって言いながら皐月賞で消した自分を殴りたいわけだけど、結局後ろからになりそうなので買いづらいなあという印象。能力高いのは認めるし距離も大丈夫だろうけど、今回もよくて3着。
8番手にサトノインプレッサ。個人的にNHKマイルよりダービー向きと見ていたので、それで1枠1番ならおさえないわけにはいかず。前走の内容も度外視で良いので、ある程度のポジションさえ取れれば3着くらいは。

最後に穴でコルテジア。きさらぎ賞はクソレースで正直全く強いと思っていなかったが、皐月賞はかなり強い競馬だった。そもそもテンピンが最初だけ前に入ったくせについていかなかったせいでこの馬とコントレイルは必要以上にポジションを下げることになったわけで、それがなければ本来もっと前づけ出来る。
前走はいかにもロベルト系っぽい馬場悪いところを無理やり突っ込んできたパワー型の印象で、初輸送に東京の高速馬場適性がどうかという問題は抱えているが、どうせこの人気なら。



ダービーなので久しぶりに切った馬の話も少し。
ワーケアはこれを切るくらいしかやることがないなと。内枠だが前に行く可能性は低い(ルメールだって前有利は分かっているので何か工夫はあるだろうが)ためそれを活かせるかというと疑問符。3番人気はどこいっても聞かされる東京得意と皐月賞を使わなかった未知の魅力だろうが、ホープフルは完敗の3着で適性差あるとしてもヴェルトライゼンデにすら完敗。とてもじゃないがコントレイル・サリオスに届く能力とは思えない。弥生賞だって2着に敗れているわけで、頭は無理だろう。
もちろん、真に東京に圧倒的な適性を持つならば2,3着に来てもいいと思うが、皐月賞すら回避しなければならないような不安抱えまくってる3番人気馬をわざわざ買う必要もないかなと。他に魅力ある馬がいくらでもいるので。

ヴァルコスは最後まで迷った。青葉賞は確かに高パフォーマンスだが、結局青葉賞を走りすぎちゃうと本番では足りなさそう。しかもこの馬も後ろからになりそうで、それでいて17番だったらいらんかなあ。菊花賞まで我慢したい。
ディープボンドは結局本番じゃ足りない。皐月賞の内容は京都新聞杯のメンバーに入れば強いという程度。京都新聞杯よりさらに上積みほしく、4月から4戦目でそこまではないだろう。
同じ京都新聞杯で2着のマンオブスピリットはかなり展開利あった。かなり作り込んできた感じあったし大きな上積みというのはこれまた見込みづらい。後ろからで16番で買うほどではないかな。



馬券はまだまだ悩むんだけど、基本的にはコントレイル頭で。
5-9ワイドが6倍くらいつきそうなので、それならそこを中心に組み立てたい気もする。

いや~~~~楽しみですね!
スポンサーサイト



カテゴリ: 予想

テーマ: 中央競馬(JRA)予想 - ジャンル: ギャンブル

tb: 0   cm: 0