FC2ブログ
01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

研究室をえらぶ 

弊学科は4年前期*1から研究室配属もどきが始まります。

もどきとはどういうことかというと、4年前期の実験では一人の先生について、その研究室に関連した内容の実験を行うことになっているのです。
ただ、居室等が与えられるわけではないし、後期で卒論を書く際には研究室を移ることも可能です。

まあそんなわけで、もちろん重要ではあるもののそこまで重要でもないみたいな、微妙な位置取りの研究室選びをすることになります。
もちろん全先生が受け入れられるわけではないので、ある程度候補の中から選んでいくことになります。
物理寄りな研究室だと思ってたより物性系ばっかりで、物性を一度も勉強したことがない*2ぼくとしてはなかなかきついところがあります。
とは言いつつも、第一希望は内容からちょっと気になる研究室があるのでそこに出したいなあと思っています。
一応見学に行って話を聞いてからにはなりますが。

物理の実験系ってどれくらい研究室に縛られるんですかね。
そんなのは研究室や研究内容によると言われればもちろんそれまでなんですが。
ぼくとしてはブラックじゃなくて、日本語が通じる研究室だったらそれでいいかな~と思います。
日本語が通じるとは、一般人としてこちらの意見を理解してくれる*3、という意味です。研究室内では英語で会話が飛び交うとかそういうのじゃありません(それもイヤだけど)。

ブラックの基準も難しいですよね。
毎日8h来てくれといきなり言われるとなかなかキツいものがある気がします。それが標準と言われればそれまでなんですけど。
どーせ家でも解析やら論文作成やらスライド作成やら、色々やらなきゃいけないことがあるので実働8hではないでしょうし。
家では好きにさせてくれって話です。


1月中に希望を提出して、決まるのが3月らしいです。結構遅い。
即日決めてくれと思いますが、まともに提出期限を守らない人がたくさんいるのがこの学科ですから。
その理由も様々でまさに"多様性"って感じです。

なんとかうまくいけばいいな~と思っています。
来期は大量の単位に実験復活・院試勉強と盛りだくさんになりそうで、正念場っぽいです。


それでは。

*1
一般的な呼称。東大では前期をSセメスター、後期をAセメスターと呼ぶ。
Spring,Autumnの頭文字だと言われているが真偽は不明。

*2
他を勉強しているとは言ってない。

*3
さすが天下の東京大学だけあって、悪気のないサイコパスみのある人もそこそこいます。
純粋に研究が好きすぎて一生やってそうな人とか、頭が良すぎて「それは当然わかるよね」みたいな雰囲気をナチュラルに醸し出す人とか。
本人たちに悪気がないのが、学生としてはつらいところです。
逆にそれほどまでに頭のネジが外れているからこそ、東大で研究室を持てるほどの研究者になっている部分があるのも確かかと思いますが。
スポンサーサイト



カテゴリ: 大学の勉強

tb: 0   cm: 0

« シーズン2のおはなし  |  家計簿をつける時の注意 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maplebs0130.blog137.fc2.com/tb.php/866-012e7f63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)